MotoGP

バージェス『ロッシよ、表彰台だけではタイトルは取れない』2016フィリップアイランドGP

『バージェス、ロッシへ:表彰台に上がっただけではチャンピオンは無理』

rossi_burgess.jpg


★今回のフィリップアイランド戦にヴァレンティーノ・ロッシの元チーフメカニック、ジェレミー・バージェス氏(上記写真中央)が訪れていた。

★バージェス氏はロッシ選手が2000年にモトGP昇格した時からチーフメカニックを務め、ともに数多のタイトルを獲得してきた。
2011〜12年のロッシ選手のドゥカティ移籍にも帯同したが、ヤマハに戻ってからの2013年末、ロッシ選手は新たにシルヴァーノ・ガルブセラ氏をチーフメカニックに任命した。

★バージェス氏が21日(金)、次のように話した。
「日がな一日、ゴルフやテニスをしたり、TVでレース観戦して過ごしてますよ(冗)。」

【現在のロッシ選手については?】
「おそらくヴァレンティーノ(ロッシ)は1周タイムは最速ではないが、レースではいまだ最強ライダーの一人でしょう。確かに、また今回もタイトルを逃してしまったが、2015年はかなり良い線まで行っていたし。私が思うに…多数派の意見とは異なるが、(2015年のロッシは)残り3戦でタイトルを取り逃がしたわけじゃないでしょうね。もっと、それ以前に逃してしまってたんですよ。とにかく表彰台に上がり続けることにしていたようだが、現在、チャンピオンになろうと思ったらそれだけじゃダメですよ。優勝しなければね。」

【今年のロッシ選手については?】
「今年のヴァレは色々とミスをしていて…なかでもアッセンと茂木のミスが印象的でしたね。アッセンでのミスは実に珍しいものですよ。通常、彼は首位を走ってる時に転倒しないから。」

【マルケス総合優勝については?】
「マルクは実に機敏で、事故を上手く回避できてますね。ヴァレンティーノは加齢のせいで、そう言った反応が鈍くなってますよ。」

(2016年10月25日『Motorsport.com』記事参照)
(2016年10月20日『Gpone』記事参照)


今回はみごとな追い上げを披露したロッシ選手なんですが…
優勝できなかったんで「血湧き肉躍るオーバーテイクではなかった」と。
でも、序盤10ラップはもう1回見返してみたいんだそうですよ。
くわしくはこちらのメルマガで、どうぞ。

【2016フィリップアイランドGPまとめ】[2016年10月26日 Vol. 115
●ロッシ:浮き沈みの週末はキャリアそのもの
・序盤10ラップはもう1回観たい
・もし2列目スタートだったら…
・クラッチローに負けたもう1つの理由
・新旧チームメイトに警戒
・タイヤ選択は?
・ロッシは来年も来る!

まぐまぐ』なら10月31日までに登録すると10月分が全部無料で読めますよ。
note』なら今回の『Vol. 115』だけを、1回分100円(外税)で読めます。プリペイドカードも利用可能。

[amazonjs asin=”4413210689″ locale=”JP” title=”できる男の老けない習慣 (青春新書プレイブックス)”]

優勝して!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. ヤマハ より:

    同感。

  2. 上韻 より:

    ヴァレンティーノは加齢のせいで、そう言った反応が鈍くなってますよ
    うわぁ・・・

  3. 廃道愛好家 より:

    確かに、体のレスポンスが落ちてくるのはどうにもならないでしょうね。
    たまった疲れも取れなくなるし。
    私の場合37から一気に衰え感じるようになりました。
    一番ショックだったのは視力かな?
    どうやってもピントが合わないというか
    見えているのに認識できないと言う意味不明の感覚
    眼鏡を変えて初めて「これが老眼か!」と気づきました。
    今じゃ、ノギスなんかの目盛りを読むときは自然に眼鏡から視線をずら
    している自分がいます( ノД`)シクシク…

    • 修羅朱種酒 より:

      自分が加齢を自覚したのは、26でしたね。お腹が空くとパワーが出なくなって・・・
      メインジェットの番数が薄くて読めなくて苛ついてたら、友人がそれ老眼だと指摘された時に、老いを受け入れ始めましたね。

      老化は体力が落ちるけど、生きてきた蓄積で何事も落ち着いて行うようになり、若い頃あれだけバンバンコケてたのがスムーズに走れるようになりました。レーサーはそれじゃダメなんでしょうねどね。
      トップクラスの短い期間をどれだけ長く燃やし続けられるか・・・

  4. ブル より:

    確かに年齢による衰えには勝てない

    若い時には後先考えずにアクセルワイドオープンにできても、年をとるとそうもいかない

    ロッシほどのライダーでもそういったことはあるでしょうねぇ

    だからこそ、40目前の今、総合2位にいることがいかにすごいことか・・・

    まだまだ、楽しませてほしいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP