ドヴィツィオーゾ『ムジェッロ勝利は泣かせてくれる』2017ムジェッロGP

Pocket

『ドヴィツィオーゾ:ムジェッロ勝利は泣かせてくれる』

dovizioso-dom.jpg


★6月4日(日)ムジェッロ決勝戦で、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)が優勝を果たした。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

「変な日でしたねぇ。一番変だったのが、この優勝ですよ(冗)。
今朝、腹の具合がかなり悪くて4時に目が覚め、午前WUPも出られなかったんです。さいわい、マシンは仕上がってたんで、試すようなものは何もなかったんですけどね。」

【では、レースでは慌てずスタートが切れた?】
「エネルギー消耗に関しては、ちょっとビビってましたね。金曜部からずっと『アグレッシブかつスマートな操縦』って唱え続けてたんですが、実際にそうしました。」

【ラスト10周と言うところで攻めに出ていたが…】
「マーヴェリック(ヴィニャーレス)を抜いたものの、その時点では作戦なんて何もなかったんですよ。その後、誰にもマージンがないってことに気づいて、自分のペースに集中することにしたんです。なんとかなってくれって祈りながらね(笑)。実のところ、最終コーナーまで来て初めて、勝てるって分かったんです。ヴィニャーレスが驚異のラストラップでもって追いついて来るって思ってたもんですから。」

【ゴールした瞬間の心境は?】
「ムジェッロで優勝したら、皆、泣いてしまうには理由があってね。ミーニョもパジーニも泣いてたじゃないですか。僕もなんですけどね。ここで勝つのは、みんなの夢なんですよ。ドゥカティ機で勝つのは、また格別なんですけどね。期待してた時は尚更ね。言葉では言い表せない感動ってのも、あるものですよね。」

【最近ムジェッロでテストをしていたが…実は、勝てると思ってなかった?】
「(テストは)上手く行きましたよ。ただ、ここ3年間はずっとそんな感じだったから(笑)。接近できるってことは分かってましたけどね。FP4の時、チャンスはあるって思いました。でも、レースではマーヴェリックとヴァレンティーノと競り合うこととなり…通常、あの2人には終盤のプラスアルファがあるから。あと、ペトルッチもでしょ。競り合いには強いですからねぇ。確実に勝てるって、やっと思えたのは最終コーナーまで来た時で、どの程度まで追いついて来てるのかも分かりませんでした。」

【ムジェッロは一面まっ黄色だが、でも、ドヴィ選手への応援の声も多く…】
「これまでの(モトGPでの)3勝は、毎回本当に幸せいっぱいで…ライバルチームでもそんな感じになってくれてました。好かれてる時には、そう言うこともあるもんですよ。
僕はヴァレンティーノのファンとはあまり関わりはないけど、好意的に応援してくれてました。有り難いことです。表彰台は、もう幸せいっぱいで、唇がわなわなと震え出しそうな瞬間とかもあって…感情を抑えるのが難しくってねぇ。」

【今回の優勝は誰に捧げる?】
「ある偉大な人物への追悼として、マシンにゼッケン『69番』を付けて出走しました。
それから、ドゥカティに感謝します。チームと、そしてサポートしてくれた人達全員に。モトGPクラスでは細かい部分の積み重ねが大きな違いを生み出しますから。」

【総合2位に浮上したが…ちょっと羽目をはずしたい気分?】
「驚いてはいませんよ。総合4位以内には入れるって分かってましたから。ただ、戦うためのスピードがあるかどうかが最重要で…今日までそれがなかったから。」

【羽目をはずす気はないようで…】
「僕のことを悲観主義だって言ってる人もいるようだけど、僕としては現実主義だと言いたいですね(笑)。速く走れるレースもあることは分かってるが、18戦すべてでは無理だから。優良ベースを築き上げなければならないんですよ。ある時は優勝し、ある時は首位と20秒差でゴールなんてあり得ないでしょ。実際、そう言う風になってるんですけどね。総合2位ってのはそれほど悪くはないが(笑)、それで充分ではないです。」

【ロレンソ選手が苦戦していたが…】
「冬季シーズンからずっと言ってることだけど、別に驚きませんよ。ホルヘは最速ライダーだが、このマシンで特定の状況を乗り切るのに必要な経験はまだないから。」

(2017年06月04日『Gpone』記事参照)


確か、6月4日は娘さんの誕生日なはず…良いプレゼントになりましたね♡

いいね!Prego

Ad & Relation Links

, , ,

5 Responses to ドヴィツィオーゾ『ムジェッロ勝利は泣かせてくれる』2017ムジェッロGP

  1. ブル 2017年6月5日 at 9:49 AM #

    ドヴィ選手 今までの苦労が一気に報われるような1勝でしたね!

    今回は各マシン一定の間隔で、激しい抜き合いなどなく一見地味なレースでしたが、それだけに各選手限界いっぱいの走りだったということなんでしょうかね。

    シーズン終盤まで、各選手見どころいっぱいのレースを期待したいですね!!

  2. しいちゃん 2017年6月5日 at 12:18 PM #

    あぁ、ほんとにドヴィちゃんらしいコメントで。
    ポディウムで涙を堪えていた姿が
    感動を誘いました。
    ほんとにおめでとう。
    得るべくして得た表彰台だと思います(^-^)。
    ドヴィ・コール、また聴きたいです♪

  3. ざんばじーる 2017年6月5日 at 6:10 PM #

    これで通算3勝ですが過去2回と違ってドライでの完全勝利!
    ホント強かったですね。

    ココはドヴィファンが多いので盛り上がりますね~

  4. bb 2017年6月5日 at 8:05 PM #

    ウイング禁止になった事が逆に良かったんじゃないかな?
    旋回で遅れる分が昨年より少なくなってる気がする。

    カタルニアは改修された新区間がクネクネ曲がってるから苦戦するかもしれないけど、これからはもっと優勝争いに絡む回数増えるだろうね。
    いやぁ楽しみだなぁ。

  5. ANDY 2017年6月6日 at 8:33 PM #

    TOP4の中で、バイクの挙動が一番安定していて強さを感じました。 ビニャーレスはバイクの動きがクイックでイッパイいっぱい感があったのと、サスのモーションもかなり早くて頑張っていましたね。。

    チャンピオン争いが益々面白くなってきた!! 来週も楽しみだ〜♪

コメントを残す

 

Top