ロッシ:ヤマハには3台目のM1参戦が役に立つ

Pocket

『ロッシ:ヤマハには3台目のM1参戦が役に立つかも』

cover-vale-630x415.jpg


★ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)がイタリアスポーツ紙『a Gazzetta dello Sport』のインタビューで、ヤマハもドゥカティやホンダ同様に3台目のヤマハファクトリー機を参戦させるよう希望していた。

★ロッシ選手は、ドゥカティのダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ・プラマック)やホンダのカル・クラッチロー(ホンダLCR)のように、ヤマハも3台目の最新ファクトリー機を参戦させたなら大きなメリットがあるのではと主張している。

★今季、ペトルッチ&クラッチロー両選手はレースウィークエンドやレース本番で新パーツを試し、その後、ファクトリーチームが使用する運びとなっており、これにより開発スピードが上がっている。

★ロッシ選手のコメント。

【例えば、どの選手を3台目M1機に乗せる?】
「当然、速い選手が良いでしょうね。ナカスガ(ヤマハモトGPテストライダー)は優秀ですよ…日本選手権や鈴鹿8耐で何度も優勝してるライダーなんだから。ただ、(3台目に乗せるには)イマイチでしょうね。」

★とは言うものの、カツユキ・ナカスガのモトGP戦歴は決して悪くはない。これまで6回参戦しており、リザルトは以下のとおりである。
2011年ヴァレンシア戦:6位
2012年ヴァレンシア戦:2位
2013年茂木戦:11位
2014年茂木戦:12位
2015年茂木戦:8位
2016年茂木戦:11位

また、これまで全日本ロードレース選手権JSB1000クラスで7回タイトルを獲得、2015/2016年の鈴鹿8耐レースで2連勝している。

(2017年07月21日『Corse di moto』記事参照)


単純に、来年、ザルコ選手を乗せれば…

いいね!Prego

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top