ヤマハ『ロッシのアラゴン復帰は上位争いができる場合のみ』リン・ジャービス

Pocket

『ジャーヴィス:ロッシのアラゴン復帰?上位争いができる場合に限り』

jarvis (1).jpg


★9月9日(土)ミザノGPにて、骨折欠場中のヴァレンティーノ・ロッシの復帰についてリン・ジャーヴィス氏(ヤマハ・マネージング・ディレクター)が次のように語った。

「今のところ、(ロッシ復帰に関する)プラン等はありません。ヴァレンティーノが操縦し、走れると確信したならば、アラゴンGPに参戦するだろうとは言えます。
単純にサーキットを走れるかどうかには意味がありません。上位5位〜6位に入れる状態でなければ参戦しないと思いますよ。」

【それは可能?】
「様子を見ていきましょう。医師から提示されている回復期間はもっと長いものですが、スポーツ選手と言うのは画期的なことをするものだから。」

【2013年アッセンGPでロレンソ選手が鎖骨手術の直後に復帰していたが…】
「ヴァレンティーノの場合は、状況がもう少し異なるでしょうね。当然、アラゴンでの復帰を希望する場合、オートバイでの走行テストをすることになるでしょう。おそらく、ヤマハR1機で。
(アラゴン復帰が)可能かどうかは分かりません。本人の手応えや痛み、リハビリの経過など、多くの要素にかかってきますから。」

【アラゴン復帰が叶わない場合、規則により代役を立てることになるが…】
「代役候補は4名います。日本人テストライダーのナガスガとノザネ、そして、SBK選手のアレックス・ロウズとマイケル・ファン・デル・マークです。
ノザネの場合は、かなりのプレッシャーでしょう…ライオンの群れに放り込まれるようなものですから。ナカスガならば経験も豊富だし、以前、ヴァレンシアでロレンソ代役を務め、素晴らしい結果を収めてますしね。」

【ロッシ選手の事故については…】
「これまで私自身がやってきたことを思えば、エンデューロマシンでの転倒を批判するのは実に難しいことですね(※同氏はエンデューロマシン走行中に負傷したことがある)。
当然のことながら、私はライダーらを真綿に包んでおくことはできないと常々思ってきました。ならば、どうすれば良いのか?
モトGP機には乗れないのだから、代替的なトレーニング方法と言うことになるでしょう…『ランチ(ロッシ私設トレーニング場)』で走るとか、エンデューロマシンとモトクロスマシンも別物ですしね。
慣れた私設トラックで走るのと、先に何があるか分からないエンデューロ…個人的な意見としては、モトGPに向けてのベストトレーニングとは思いませんね。ただ、ヴァレンティーノが様々なトレーニングをしているのだから、そうあるべきなのでしょう。」

【今回、ヴィニャーレス選手が1人でヤマハファクトリー機に乗っているが…】
「弾は1発より2発の方が良いでしょう。ポジティブ面は皆無だと思いますね。唯一の違いと言えば、現在、新フレームが1つずつしかないので、ミザノGPではマーヴェリックが2つ使えると言うことぐらいでしょう。つまり今回、マーヴェリックは少しだけ有利だと言うわけですよ。」

(2017年09月09日『Gpone』記事参照)


最新『note』の無料閲覧は、ロッシ選手のアウディ売却とか、マルケス選手がロッシ負傷でイタリア紙の副編集長に批判された話とか。

いないと寂しいぃね!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top