MotoGP

『ペドロサのデータを見るようになってから成長できた』ミゲル・オリヴェイラ

『オリヴェイラ:ペドロサのデータを見るようになってから成長できた』

★ミゲル・オリヴェイラ(KTMテック3)はフィリップアイランドGP中の転倒により古傷が悪化し、11月3日に肩の手術を受け、ヴァレンシア最終戦やその後のテストは不参加となった。

★2019年ルーキーライダー総合順位は以下のとおり。

5位クアルタラロー(192ポイント、ヤマハ・ペトロナスSRT)
12位ミール(92ポイント、スズキファクトリー)
15位バニャイア(54ポイント、ドゥカティプラマック)
17位オリヴェイラ(33ポイント、KTMテック3)

★オリヴェイラ選手が次のように語った。

【今季のKTM機はモトGP最速と言うわけではなかったし…】
「すべてにおいて、もう少しづつ必要なんですよね。
僕自身に関しては…ペドロサ(テストライダー)のデータを見るようになってから、大きく伸びることができました。他のライダーと比べると、色々なことを完全に違う方法でやっているんですよ。おかげで新たな展望が見えてきたんです。」

【ペドロサ元選手はなにが違うの?】
「極めてアグレッシブなライダーと言うわけではなく…頭を使って操縦していると言う感じです。そう言うところが、マシンについての意見に反映されてるんですよ。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


なぜペドロサはホンダのテストライダーにならなかったのか?って話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 19 より:

    KTM での評価は高いダニ。やはりタイトルこそ取れなかったけど、最終年度を除けば常にランキング2〜5位の実力は伊達じゃないですね。
    惜しみなくフィードバックしているようですね。

  2. ジージ より:

    ダニの人柄が感じられるね。

  3. 名無し より:

    鳶に油揚げ攫われる様な形でワークスシートをビンダーに持っていかれちゃったけど腐らずに頑張れポルトガルの星。

  4. kaz より:

    ダニの様に理詰めで乗るライダーはテストライダーにピッタリなんやろな。
    その理論をメーカーとライダーが理解出来れば良いマシンになる訳で。
    ホンダのテストライダーやったらどんなマシンになるのかと夢想しますな(^.^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP