MotoGP

クアルタラロー談その2『プライベートチームでもタイトルは狙える』

『クアルタラロー、ロングインタビュー』

★2019年はルーキーのファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)が大躍進を見せ、あのマルク・マルケス(ホンダファクトリー)をして、
「2020年のタイトル争いでは強力なライバルになるだろう」と言わしめた。

★また、2021年に向けては、クアルタラロー選手がヤマハファクトリーに昇格してヴァレンティーノ・ロッシと組むか、それともドゥカティへ移籍するかが取り沙汰されている。

★クアルタラロー選手が12月中旬、スペインサイト『Marca』のインタビューで次のように答えた。

[ 前編はこちら ]

【今までの中で最も2輪レーサー業のみの1年だった?】
「そうですね。2018年なんかは、レースが終わったらもう他のことを考えていたんですが…2019年は上達しようと思ったら、普段から集中してなければならなかったんで。
また、だからこそ、多くのレースで強い走りができ、好結果を出せたのだと思います。」

【マルケス選手が『2020年のタイトル争いでは強力なライバルになるだろう』と言っていたが、プレッシャーを感じる?】
「『強力なライバル』って言うのは、まだ正しい表現じゃないですよね。でも、ライバルの1人にはなれたと思ってます。シーズン後半は、けっこうライバル心を抱いていたんだから。
このまま努力していって、来年、良いマシンに乗れたなら、確実に渡り合えるでしょうね。
まぁ、タイトル争いでのライバルにはなれないかもしれないけど、でも、マルクと戦うことはできるでしょう。」

【2021年に向け、ヤマハでの技術的な安定を取るのか、それともドゥカティで大金を掴むのか?】
「まだまだ先の話ですからねぇ。昔は先のことを考えすぎて悪い方向へ行ってしまったことがあるんで…あれはマズかったんですよね。
今、僕は『ヤマハ・ペトロナスSRT』にいて…以前も言ったように、選択肢は色々とあるわけで。今のところ、上手いこと行ってるけど、とにかく、オプション全て検討してみないとね。
でも、具体的な目標はないし、具体的なメーカーも考えてません。」

【2020年は最新ファクトリー機に乗れるとは言え、プライベートチームでタイトルは狙えるものなの?】
「難しいだろうけど、でも、不可能だとは思いません。ただ、来年はまだモトGP2年目なんだし、物凄く経験豊富ってわけでもないんだってことを忘れないようにしないと。
でも、(ファクトリーライダーと)100%同じマテリアルが使えるなら、十分な経験があればイケるんじゃないかと思います。マシンやその他諸々が同じなら、問題はないと思いますけどね。」

[ 後編に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『MARCA』)


ヤマハ機はホンダ機とは反対の状況になってるって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. へほへも より:

    謙虚だ…内なる闘志はあるやろうし!新世代楽しみだ

    でもすきっ歯だよなぁ…

  2. ニダール より:

    タイトルが獲れるファクトリー機に乗ってるクラッチローをディスってんのか?w

  3. レース好き より:

    サテライトチームでチャンピオン、簡単では無いけどめっちゃカッコいいでは無いか。
    勿論メーカーのアシストも必要だけど頑張って欲しい。
    もてぎで笑顔でサインして貰ったから推しますよ(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP