SBK SuperBike

2013SBK:フィリップアイランド:プライベートテスト・リザルト【第2日目】

まだ公式予選も始まってないんですけど、今年のSBK…いきなり病人・ケガ人・転倒続出で大丈夫なんですかね。
しかし、そんな中でスズキが凶運を吹き飛ばす強さです。
そして、ホンダも今年はひと味違う感じですねー。

『SBK2013:フィリップアイランド、テスト首位はカミエル選手、バドヴィーニ選手は大事故』

motociclismo-Panigale-bruciata.jpg

★フィリップアイランドで行なわれた2日間のプライベートテストからも、衝撃的なSBK2013幕開けとなりそうだ。本日もライダーにとっては七転八倒の1日となり、特に大きなリスクを負ったのはアイルトン・バドヴィーニ選手。コースアウトした同選手は失神状態となり、すぐ脇に倒れたマシンから出火。強い打撲症を負ったものの、骨折も無く大事には至らなかった。

★(意識も)吹っ飛んだスズキのカミエル選手
昨日は転倒、そして今日のレオン・カミエル選手は5速ギアの時速200キロでコースから飛び出した。マシンは壊れ、カミエル選手はフラついていたものの問題ない模様。クレセントのメカニックは復旧作業に追われたが、カミエル選手のパフォーマンスはマックス・ビアッジのコースレコード (1分31秒785)を破り、最高タイム1分31秒2を記録しチームも満足していた。同選手はレースシミュレーションでも22周を1分31秒後半付近でこなし、進展を見せた。チームメイトのジュール・クルーセル選手は、昨日の転倒で痛めた左肘の手術のため欠場した。

★そこには常にアプリリア
2日目のフィリップアイランド、今日もアプリリアは好調で上位に姿を見せている。今日もユージン・ラバティ選手が好タイムをたたき出すと思われていたが、結果は8番手。しかしチームメイトのシルバン・ギュントーリ選手がプッシュし、1分31秒3で2番手に就いた。アプリリアのサテライトチーム、ミッシェル・ファブリツィオ選手(Red Devils Roma)も良いパフォーマンスを見せ結果は5番手。同じアプリリアRSV4を駆るダヴィデ・ジュリアーノ選手(Althea Racing)は、それに続いて6番手の成績であった。

★ホンダ成長
ホンダ・テン・ケイトが好成績を出せるように、HRCでは最高の技術を送り込んできた。それは事実であり、レオン・ハスラム選手は昨日の4位から本日7位と順位を下げたものの、昨日より0.2秒タイムを短縮し、トップからも0.6秒差で終えている。また、チームメートのジョナサン・レア選手も好調で、第2コーナーでの大事故の後(訳者注:おそらくバドヴィーニの事故を指している)、3位の成績を出し今日のテストを終了した。

★慎重BMW
マルコ・メランドリ選手の経験が物を言っているのか、新アスファルトと強風が吹き付けるコンディションに冷静になっている様子。メランドリ選手の『冷静さ』の結果、4位タイムを獲得。それを別にしても同選手はトップから僅差の0.4秒差で終えている。もう1人のオフィシャルライダー、チャス・デービス選手は9番手であった。

★主役の不参加
パルクフェルメの主役の1人…2012年準優勝トム・サイクス選手(カワサキ)はギブスを付け(右手首骨折の模様)、ボックスからライバル達の走りを見守った。チームメイトのロリス・バス選手も昨日の転倒で中断。カルロス・チェカ選手は入院中で、テストの初日から参加していない。

★プライベートテストDAY 2(2月15日)非公式リザルド
1. L. Camier (Suzuki) 1’31”2

2. S. Guintoli (Aprilia) 1’31”3

3. J. Rea (Honda) 1’31”4

4. M. Melandri (Bmw) 1’31”6

5. M. Fabrizio (Aprilia) 1’31”7

6. D. Giugliano (Aprilia) 1’31”8

 7. L. Haslam (Honda) 1’31”8

8. E. Laverty (Aprilia) 1’32”1

 9. C. Davies (Bmw) 1’32”1

10. A. Badovini (Ducati) 1’32”2

11. M. Neukirchner (Ducati) 1’32”


motociclismo-suzuk-a-pezzi.jpg


motociclismo-suzuk-a-pezzi-2.jpg


motociclismo-panigale-bruciata2.jpg


motociclismo-badovini-2.jpg


motociclismo-badovini.jpg

(日本語翻訳:moku / 伊語記事:2013年02月15日 Motociclismo記事より抜粋)


カルロス・チェカ選手、思ったより元気そうですね。

《腸閉塞の為に2日間KO。早く退院許可が出て、月曜テストに参加できると良いんだが。》



そして、メディアセットのピットレポーター、アルベルト・ポルタ氏の現地から見た分析によると…

《フィリップアイランドの新アスファルトはグリップが良すぎて、皆、飛ばし過ぎ。大転倒続出だけど、幸運な事に深刻な事態にはなってません。》



さて、カワサキ、ドゥカティは開幕戦に参加出来るのでしょうか?
サイクス、チェカの両選手は月曜日(公式テストが始まる)にはコースに出ると言っているようですが…
ちなみに、2月18〜19日にはドルナの公式テストが始まります。


人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP