MotoGP

2013ラグーナセカGP【FP3経緯】:モトGP

モトGP『ラグーナセカFP3の経緯』

gpone-lagunaseca-fp3-2.jpg


★FP3も首位はマルク・マルケスで1分21秒558。7周回を1分21秒台で走り、リアにユーズドタイヤを履きながらセンッション終了まで30分もある時点で1分22秒の壁も1番に破ってみせた。

★2位ヴァレンティーノ・ロッシ(+0.184)、3位ステファン・ブラドルも1分22秒(+0.391)の壁を切っている。

★上位8選手がギャップ9秒以内。

★ロッシ選手はグリップに幾分の改善が見られたものの、ブレーキングでの挙動がいまだ荒過ぎると嘆いている。

★アレックス・デ・アンジェリスは『コークスクリュー』の砂利に滑りながらも12位(+2.048)。

★ホルヘ・ロレンソは11周回をこなし、鎖骨を負傷していながらも7位(+0.722)。

★ダニ・ペドロサは再びボックス待機を選択し、予選1へ参加。

(Source:2013年07月20日 Gpone記事より抜粋)


人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP