MotoGP

マルケス『新マシン、全てについて納得してない』2014バレンシアテスト


先のヴァレンシアテストでは、一応、途中のコメントをご紹介してただけなんで…
テスト終了後のコメントが、こちらです。

『マルケス:この2014年には、みんなに感謝!』

marquez-motoblog.jpg


★ヴァレンシアサーキットで3日間(11月10〜12日)のモトGP合同テストが行なわれ、マルク・マルケスは初日は弟アレックス選手のモトGP試乗に付き合ったのみに終わり、2日目は雨の中で2回の出走を実施、3日目には2014年版マシンで首位タイムを刻んでいた。

★マルケス選手のコメント
「今日は順調に進みました…データをどっさり収集できましたから。両方のマシンも試せたし(2014年版&2015年版)…新しい方は、ある側面ではポテンシャルが大きくなってるけど、2014年版の方が良かったです…自己最高タイムもそっちで出してますし。確かに、1日ほとんど潰れてしまって、新マシンのセットアップ作業があまりできなかったんですが…でも、良いポテンシャルはあるようだし、今回のテストは、情報収集としてホンダにとっては貴重だったでしょ。ホンダHRCのエンジニアも、来年2月のセパンテストまでに改善すべく、この冬の作業の方向性について理解していたし。
2014年と言う、この信じられないような1年については、チーム全員に、それからファンの皆さんに感謝してます!」
2014年11月12日Molotblog.it記事参照)





『マルケス:新マシンについては、まだ全て納得していない』

marquez-as.jpg


★11月10〜12日のヴァレンシアテスト終了後、マルク・マルケスが次のように語った。
「新マシンは、まだ全てに関して納得してません。去年のテストみたいではなかったんですよね…去年はコーナー進入に関し、確かに良くなったって分かったんですが。今回は、確かに良くなった所もあるけど、悪くなった所もあるんですよ。だから、この冬、ホンダはセパンテストに向け作業して、100%の妥協策を模索していくでしょう。改善された箇所もあるわけだから、今度はそれを全て繋ぎ合わせていかないと…2014年版マシンの良い所と、2015年版の良い所をね。」
2014年11月14日AS記事参照)

え〜近頃恒例のメルマガ『風聞〜イタたわGP』情報はですね…
こちらの記事でマルケス選手が、去年、振られちゃった彼女さんについて、ちょっとだけ語っております。

【13号 2014年11月13日 発行】
2014ヴァレンシアGP内輪話
選手の皆さん、心配しないで…マルケス家には息子は2人しかいないから



[amazonjs asin=”0992820987″ locale=”JP” title=”Official MotoGP Season Review 2014″]

納得のいくマシンになったら…また、恐いなぁクリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP