SBK SuperBike

トロイ・ベイリスさよなら『家族のもとへ帰るよ』2015 SBK タイ


『ベイリス:家族のもとへ帰るよ』

bayliss-motoit-addio.jpg


★SBK第2戦タイ・ラウンドに参戦したトロイ・ベイリス(ドゥカティ、3/30で46才)が、レース直後、今回でレース参戦は最後にすることを公表した。
なお、今回のタイ・ラウンドでは、レース1が9位、レース2が11位だった。

★ベイリス元選手はタイでのドゥカティ・宣伝イベントに参加した後、3月25日(水)にオーストラリアへと帰国する予定。

★ベイリス元選手のコメント。
「全体的に、これまでの自分のキャリアの中で最も過酷だったタイの天候を考慮するならば、けっこう満足できたと言えるんじゃないでしょうか。暑いのはずっと苦手で…予想通り、今回の2レースは体力的にかなりきついものでした。特に、レース1ではライダースーツの背中に飲料水を入れてなかったんですよ!レース2では若干上手くこなせたとは思うが、容易じゃないってことは覚悟してたんで…だから全体的には、それほど悪い出来ではなかったでしょ。
楽しかったですね…特殊な状況で復帰して…フィリップアイランド戦の後、とにかくもう1ラウンド出たかったんですよ…どんなもんなのか確かめるためにね。
レースは大好きですよ…ドゥカティと、作業してくれたスタッフらもね。レースで『Panigale R Superbike』機に乗るのは、実に感動的でした。2008年に五体満足で引退できたのは幸運だったし、今でも自分は速いんだってことを確かめられたしね。でも、もう戻らないと…オーストラリアで家族と一緒に人生を謳歌するのにね。みんなからの応援には感謝してます。楽しみは才能ある後進に譲りますよ。」

★エルネスト・マリネッリ氏(ドゥカティSBKプロジェクト・ディレクター)のコメント。
「トロイはFPや予選で、まだ実に速いんだってところを証明してくれました。レースでは酷暑にもかかわらず、あの唯一無二の走りでもって見せ場を作ってくれ、常にアグレッシブなところを見せてくれた。かつてと同様の迷いのなさでもって、全力を尽くしてくれたことに感謝してます…あれ以上のことは望めませんでしたね。この2ラウンドに参戦してもらい、本当に素晴らしかった…当時から時間はちょっと経ったものの、全然変らないような事もあってね。トロイはいつだってトロイですよ。」

★なお今後のダヴィデ・ジュリアーノの代役は、後日決定する予定。また、ジュリアーノ選手の容態次第では、当初の予定だったイモラ戦を繰り上げ、アッセン戦で復帰する可能性もある。この場合、次戦アラゴン・ラウンド(4月12日)では代役を起用せず、チャズ・デイヴィスのみが参戦する可能性もある。

(2015年03月22日『Moto.it』記事参照)



[amazonjs asin=”B00T3C6GAO” locale=”JP” title=”DUCATI Magazine (ドゥカティ マガジン) 2015年 05月号”]

奥さんに怒られちゃったんでしょうかね…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP