MotoGP

イアンノーネ『さよならスズキ、すべて僕のせいにされた』2018ムジェッロGP

『イアンノーネ:さよならスズキ、すべて僕のせいにされた』

iannone1 (3).jpg


★スズキとジョアン・ミール(今季モト2参戦中)の契約締結が早々に発表される模様。

★一方、アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)のスズキ離脱は、確定の模様。

★イアンノーネ選手が5月31日(木)、ムジェッロGPで次のように話した。

「スズキでの僕の将来は、もうないように思います。今シーズン末で終わりでしょう。自分とマシンにとってポジティブな2年間でした。人間的に成長させてもらったから。
いずれにせよ、今後のレースでは全力を尽くして行きますよ。」

ドゥカティ&ロレンソ選手の関係と似ているのでは…】
「僕と比べたら、ホルヘ(ロレンソ)の方がずっとチャンピオンライダーですからね。ホルヘの問題は優勝できないことで…でも、それはマシンのせいでしょ。
でも、スズキ内では責任は僕1人にあるんですよ。ドゥカティではドヴィツィオーゾが2017年に何度も優勝し、GP17機だって2016年に2回も優勝してるって言うのにね。」

【スズキ離脱が決まった今、今年の残りレースは…】
「何も変わりませんよ。現在、ポジティブな状況だってこともあるしね。目標はマシンのポテンシャルをフル活用し、成長させていくことです。それが目標だし、そうして行く必要があるんですよ。」

【いつ頃からスズキとの関係は悪くなったの?】
「去年から始まってましたね。去年、最悪な時期のなか、僕は常に『自分は強いライダーなんだ』って思っていたんですよ…たとえ、すべての責任を負わされていてもね。
最終的に僕は正しかった。つまり、去年、マシンの戦闘力は低かったってことです。そして、いまやスズキ機のパフォーマンスは上がっていて、実際、ル・マンでも一目瞭然だったでしょ。」

【もっと詳しく説明すると…】
「去年、スズキには僕しかいなかったようなものでしょ。他のメーカーはプライベートチームもあるってのに。ドゥカティもヤマハもそうじゃないですか。
うちはギュントーリ(テストライダー)に手伝ってもらうようになったのだってわりに最近の話だし、しかも、去年、リンスはケガをしてたでしょ。
あと、KTMなんかはあれだけモトGPに投資していたって、いまだに苦戦してるんですからね。
ホスピタリティでの噂話しがあまりにも信用されすぎなんですよ。誰かが『イアンノーネは燃え尽きた』って言えば、結局、みんながそう信じてしまう。まぁ、イアンノーネだって、あと20年もしたら燃え尽きるでしょうけどね。
時には客観的になって、責任を負う強さを持たなければならないこともあるでしょう。今シーズン、僕がやってるようにね。
僕はいつだって謝るようにしてますよ。メディアの皆さんに対してもね。でも、スズキ内で『我々の責任だ』って言ってるのを一度も聞いたことなんかないから。」

【イアンノーネ選手の今後の進退については?】
「今後、色々なことが起きて行くかもね。けっこう面白いでしょう。数週間前から色々と飛び出てきてるじゃないですか。僕の方では、今、ちょっと決めつつあるところです。」

【それで、来年は?】
「もう少し待って下さいよ。スズキがここまでけっこう時間をかけてたんで、僕の方でも時間が必要なんです。
去年の厳しいシーズンを消化するのは楽じゃなかったしね。いつもは消化の早いタイプなんだけど…新陳代謝は良い方だから。パドック内を駆けずり回るわりには、腹が突き出た連中だっているって言うのにね。」

(2018年05月31日『Gpone』記事参照)


スズキのシートがミール選手に決まれば、イアンノーネ&ロレンソ選手は次を探さねばならず、一方、ペドロサ選手のホンダ継続は確実なのか…
詳しくは、こちらでどうぞ。

【2018ル・マンGPまとめその2 ヤマハ&スズキ、契約交渉】[2018年05月30日 発行 Vol. 189

●契約交渉まとめ
・ミール「ヴィニャーレスの後を追いたい」
・ロレンソ、プライベートチームでヤマハ機に乗る?
・ペトルッチ、ドゥカティ確実?
・アプリリア、アレイシはペトルッチが嫌い?
・クラッチロー「自分はファクトリーが相応しい」

Vol. 189』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』05月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』04~06月分季刊号は12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!

[amazonjs asin=”4199060030″ locale=”JP” title=”人生が楽になる 超シンプルなさとり方 (5次元文庫)”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. のぶもと より:

    そうだ!君は強いライダーなんだ!負けるんじゃないぞ!
    これからも応援してます!

  2. April Aprilia より:

    何かやってくれそう。。。
    何かぶちかましてくれそう。。。
    何かproblemを起こしそう。。。(笑

  3. aoi より:

    スズキはライダーを大切に扱わない。
    なんだかそんな印象が強くなりつつあるな。

  4. Tttete より:

    ホルヘの問題は優勝できないことで…それはマシンに合わせられないホルヘのせいでしょ。
    ドゥカティではドヴィツィオーゾが2017年に何度も優勝してるって言うのにね。

    • JD より:

      ドヴィがヤマハで勝ててた事実があるならそう言えるかもね。

  5. 鈴菌 より:

    Bye-Bye.( ・∀・)ノ゛

  6. より:

    あなたはイタリアメーカーが似合ってるよ

  7. しゃぶ太郎 より:

    ああああ。。。
    今シーズンもまだ長いですから、イアンノーネがスズキ初優勝 & 転倒の多いリンスくんがケガで戦線離脱…なんてことになったら(苦笑)

  8. AKI より:

    スズ菌として一言。

    ドゥカティの時もドヴィツィオーゾの後塵を拝していたし
    一昨年までは、後輩のマーヴェリックにも先を行かれ
    今年になるまでほとんど良いとこなかっただけに
    この評価も仕方ないとはいえ
    ようやく、今のスズキ機にも対応できて来た矢先に勿体ない・・・

    スズキも、ビニャーレスやザルコを取り逃がした過去があるだけに
    もう少し、様子見ても良いんじゃないかと思うんだけど。

    2年契約じゃなく、1年契約とか
    2年契約でも、条件付けの契約とかいろいろあるだろ。

    せっかくようやくここまで来たのに
    ミルがもし使い物にならなかったらどうすんの??

    • どうも より:

      15年16年と速さだけはイアンノーネに分がありましたよ。(16年は怪我で欠場もありましたが)
      しかしロレンソが加入が決定し、ドビとのコンビの方がロレンソがチャンピオンを狙いやすい、かつ開発を踏まえてイアンノーネが放出された経緯だったと私は記憶してます
      イアンノーネは16年にもっと落ち着いてレースしていればドカに残って違うキャリアになっていたでしょう
      あとイアンノーネとビニャーレスがチームメイトだったことはないはずですがそういう意味じゃなかったらごめんなさい

  9. camel より:

    スズキはライダー頼りの部分が多いメーカーなのにリンスとミールだけで開発どうすんの⁈
    誰がみてもイアンノーネの方が能力あるでしょ!17年はエンジンの選択ミスが響いたと思うけど、それはメーカー側の責任でもあるのに。
    バッカじゃないか!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP