マルケス:クレイジーライディング用、特製ライダースーツ

Pocket

『マルケス:クレイジーライディング用、特製ライダースーツ』

105421655-4bcbab9d-8d79-4883-bf0b-53aac4c78088.jpg


★マルク・マルケスは、その画期的なライディングによりモトGP機の操縦に変革をもたらしたが、そのうえ、ライダースーツ開発にも影響を及ぼしている。

★マルケス選手はコーナーで肘が路面に付くほどマシンを深く倒すため、『Alpinestars』はライダースーツの肘部分にチタンを挿入し始めた。

★スーツの肘部分はこれまでより幅3mm/長さ約10mm拡張され、なおかつ、インナースーツの肘部分には最も重要な改良として2枚のプラスチック板が装着された。同プラスチック板の間にはケブラーの層が挿入されている。

★また、『Alpinestars』はバルセロナGPに向け、マルケス用に肘部分を改良したスーツを用意していたが、その後、膝部分にも改良が加えられた。

★バルセロナではゴールまでの直線コース手前のコーナーリングのせいで右膝部分のレザーに穴が開いたため、膝部分にも補強が加えられたのだ。

★『Alpinestars』のスーツを使用している選手は10名いるが、このような改良が加えられているのはマルケス選手だけである。

★マルケス選手のコメント。
「新しいニーパッドは、けっこう極端な状況を前提に作られたものです。肘の方は物凄く便利なんですよ。肘で体を支えると、しょっちゅう腕に小さな火傷ができてしまうものですから。」

(2018年07月09日『Motosprint』記事参照)


アッセンではキャリア初の表彰台最年長となったマルケス選手…
実は集団戦から抜け出そうと、かなり必死に頑張っておりました。
でも、なんでアッセンって、そんなに集団戦になってしまうの?
詳しくは、こちらでどうぞ。

2018アッセンGPまとめ その1 ホンダ&スズキ[ 2018年7月7日 発行 Vol. 194

●マルク・マルケス
・遂に表彰台で最年長
・今シーズン初の転倒なし
・なぜアッセンは集団戦になってしまうのか?
・タイヤ問題:ソフト/ハードの区別なし…
・ロレンソ向きのホンダ機にはならない
・アッセン勝利は重要

『note』の『Vol. 194』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』07月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』07~09月分季刊号マガジンは12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

3 Responses to マルケス:クレイジーライディング用、特製ライダースーツ

  1. kk1964 2018年7月10日 at 8:34 PM #

    バイクレースで肘を火傷って、、、
    Alpinestars着ている他のライダーもチタン使い出したら、新時代到来、、、なんでしょうか ^^;

    • きゃる・くらっちろー 2018年7月10日 at 11:04 PM #

      マルケスが特殊な走法しているだけなので、同じようのほかのライダーがまねしようとしても出来ないんでしょうね。ロレンソもマルケスに近い形で走法やっていますが、全然違う。

      それだけ特殊な走法ってこと。なので、ライダーに負担がかかるだけじゃなくて、スーツにも負担が・・。

  2. madmax 2018年7月11日 at 4:26 AM #

    今はそうでもないけどこういうライディングに影響を受けた次世代のライダーがどんどん出て来るでしょうね
    スーツを頑丈にした分、ガンガンに攻め込んでほしい

コメントを残す

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top