ロレンソ『リアのソフト選択は一大決心だった』2018オーストリアGP

Pocket

『ロレンソ:2018オーストリア決勝戦後コメント』

lorenzo-champagne-2.jpg


★ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティファクトリー)が8月12日、オーストリアGP決勝戦で優勝した。今シーズン3勝目。

★オーストリアはドゥカティ得意のトラックとして定評があり、今回のホルヘ・ロレンソ優勝で3連勝となった。
(2016年イアンノーネ、2017年ドヴィツィオーゾ)

★ロレンソ選手のコメント。

「僕のキャリアの中でも1、2を争うような優勝でした。でも、1番ではないです。ドゥカティ機でだと、やはり、ムジェッロでの初優勝が格別だったから。」

【上位3名、皆、リアタイヤの選択が違っていて…ロレンソ選手はソフトを選んでいたが…】
「リアのソフトは一大決心でしたね。当然のことながら、気温の上昇に向けて上手くコントロールしなければなりませんでした。
タイヤコントロールに関してはかなり学んでこれたんで。ブルノでさらにステップアップして…ソフトだから最後はタレてしまうってわけじゃないんですよ。ライディングスタイルに依るんです。
今回はT3セクターでグッと改善できたんです…昨日、失速していた辺りなんですけどね。昨夜、ビデオを見ながら何を変えたら良いのかを探ってました。レースでは状況が改善され、マルクを追い上げていくことができましたね。
レース序盤は上手くコントロールしていかなければならなかったけど、マルクがかなり飛ばしまくってたんで、それほどでもなかったです…つまり、僕がプッシュする時が来たら、マルクが失速し出さないかなぁって思ってたもんですから。
マルクを抜いた後は攻めの姿勢で前を走り、勝つ気満々のライダーが2人、最後まで戦い続けたと言うわけです。」

【マルケス選手がいつになく序盤からアグレッシブな走りをしていたが…】
「通常、マルクは序盤はプッシュしないが、今日はそれが可能だったようで…マルクのペースをずっと観察してました。24.2〜24.3秒で走れることは分かってたから。
モト2レースの後だからグリップがイマイチで、そう言うタイムを何度も出せずにいたようです。おかげで何周もの間、約1秒差で走り続けることができました。
楽な状況とは言えないけど、おかげでタイヤ温存のために丁度良い距離で走ることができたから。」

(2018年08月12日『Gpone』記事参照)


ブルノ戦でも、いつもとは違う作戦だったロレンソ選手。
いつも通り、自分で決めた作戦だから悔いはないと言ってました。
詳しくは、こちらでどうぞ。

【2018ブルノGPまとめ ドゥカティ&ホンダ、ヤマハ】[ 2018年8月10日 発行 Vol. 198

●ホルヘ・ロレンソ
・作戦変更に悔いなし
・マルケスと最終ラップで競り合わなければ…
・ドゥカティ機と息が合ってきた
・ホンダ機について何か気づいた?

『note』の『Vol. 198』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』08月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』07~09月分季刊号マガジンは12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

15 Responses to ロレンソ『リアのソフト選択は一大決心だった』2018オーストリアGP

  1. 改めてケーシはスゲーと思う 2018年8月13日 at 11:06 AM #

    やっぱりホルヘを手放したのはDucatiの大失敗だったなぁ。当初はホルヘも残留希望だった訳だし。ホルヘがDucatiでチャンピオンになる可能性が少なくなって残念です。来年最強ライダー2人を揃えたHONDAはどうなるんだろう。少なくともホルヘがHONDA機とのマッチングに時間がかかったとしてもDucatiのような事はしないでしょう。

    • V3 2018年8月13日 at 11:54 AM #

      来年はマルケスとロレンソでレプソル内チャンピオン争いですかねー
      ドカティはドビがビシっとセッティング出せた時に1、2勝できたら御の字くらいになってしまうんじゃないでしょうか
      俺の方が上手く乗れると言っていたペトルッチ、正直期待してない…

    • 匿名 2018年8月13日 at 5:25 PM #

      口広げマンの起用は所詮マルケスの当て馬とドカの情報収集でしょうね
      古くても有用な情報だったらヤマハの事も聞きだすでしょうけど

      で、コストを掛けずに狙えるならチャンピオンを狙わせる。感じでは?

      まぁ、契約までの経緯を考えたら口広げマンが一番解ってなきゃオカシイけど

      • 匿名 2018年8月13日 at 5:30 PM #

        ドカの情報収集とは…
        メカ的にと言うより、以前マルケスがロレンソの様に走りたい。って言ってた事から
        今現在ドカで乗りこなし複数回優勝してるから契約したって事ですよ

        • おまえ痛いな 2018年8月13日 at 5:59 PM #

          ホルヘが素晴らしいレースを見せて勝ったのが悔しいんだね。
          君のコメントから溢れ出てますよ。

          残念なさそうな人生送ってそうだな、気味は。

      • TLR 2018年8月13日 at 6:20 PM #

        どれだけロレンソの事嫌いなんだろ(´・ω・`)
        まぁ好き嫌いはしょうがないけど、最低限の敬意は必要だと思いますよー。

        • VR 2018年8月13日 at 9:51 PM #

          こちらの住人の方に多いのが、ロッシを力でねじ伏せたライダーに対する敬意が感じられないんですよね。
          ストーナー・ロレンソ・マルケス。
          この3人の偉大なライダーに対しては異様な攻撃をしますよね。ただしニッキーは除く(笑)

  2. うーたん 2018年8月13日 at 12:04 PM #

    ロレンソ好きじゃなかったけどこのレースはしびれた。来年はマルケスとバチバチやり合って欲しい。そしてやり合ってる隙間をスルスルっとロッシが舌を出しながら抜いていく姿を期待 !

  3. レース面白かったよ 2018年8月13日 at 6:43 PM #

    最近ロレンソカッコいい

    バトルできんじゃん

  4. こくま 2018年8月13日 at 7:34 PM #

    ホンダがロレンソと契約したのって、ロレンソがムジェロで優勝する前じゃなかったでしたっけ?

  5. nav. 2018年8月13日 at 10:47 PM #

    ロレンソすげーな。

    いや、ほんと。
    motoGPの歴史にドカのこの失策は語り継がれますな。

  6. TTSY 2018年8月13日 at 10:55 PM #

    自分もヴァレ党でホルヘ無理ですが、今回の勝利は流石に天晴れでしたね。
    いくらドゥカ得意のコースといえど、3勝目は伊達じゃないですよ。

    少なくともロレンソ自身は残留希望してたならドゥカはもう少し様子見るべきでしたよね。
    たとえば3年目から大幅の減額をロレンソが受け入れてたかどうかはわかりませんが…。
    昨今シート争奪戦が早すぎるのは悪だよなー…。

    あと、ペトルッチよりはイアンノーネのほうが結果出せると思いますね。

    あと、ペトルッチをワンリリーフに使ってヴァレ再獲得っていうのも、今のドゥカの戦闘力とヤマハの動き次第では、可能性ゼロじゃないんだなって最近思えてきました。マジで!?

  7. Yopparider 2018年8月14日 at 10:10 AM #

    自分はロレンソファンでは無いし、マルケスも好きでは無い。
    でも今回のオーストリアGPは此の二人の終盤のバトルで多いに盛り上がった!
    マルクの最後まで諦めない執念のオーバーテイクとそれを差し替えす、ホルヘのライン取りは観ていて震えが止まらなかった!
    しかも今回はとてもクリーンなバトルでとても後味の良い、まさに今年一番のレースだと感じました。
    次戦のシルバーストーンもこの様な好レースを期待します。

  8. しゅわんち 2018年8月14日 at 6:05 PM #

    ホルヘの復活本当に嬉しすぎる!
    サイコーだぜー!

  9. 87 garage 2018年8月17日 at 2:23 PM #

    しっかし わからないものだ。

    あれだけダニと仲悪かったホルヘがダニの後釜だもんな~。

コメントを残す

 

Top