MotoGP

ドヴィツィオーゾ『契約交渉にロレンソは関係ない』

『ドヴィツィオーゾ:契約交渉にロレンソは関係ない』

★7月19日(日)、スペインGP決勝戦でアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)が3位だった。

★6月末にモトクロスレースで転倒し、鎖骨に小さな骨折を負った。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

【負傷したモトクロスレースと言うのは、どんなものだったの?】
「緊張しましたね…常に自分が取り組んでいることは重要なものだと受け止めてるんで、ああ言う緊張はポジティブなものだと言えるんですけどね。
他の選手が速いってことも分かってました。基本的には地方開催のレースだけど、ただ、実質的にはイタリアやヨーロッパのモトクロス選手が集まってきていたし、ロックダウン終了後の初レースだったから。
とにかく、僕にとってはレベルが高すぎるようなレースでした。」

【ドゥカティ側には同レース参戦について何と言ったの?】
「こう言う経験を積んでおくと、レースウィークエンドでのメンタル面に役に立つと言いました。レースウィークエンドはとにかくプレッシャーだらけで、困難なものだから。
他のライダーら同様、開幕戦を0ポイントレースにしたくないと言う想いがありましたね。」

【ところで、ドゥカティとの契約交渉はどうなっているの?】
「何も変わってないですよ。ここ数ヶ月と同様、なにかしらの形で進んでいると言う感じです。自分の希望ははっきりしているし、まったく焦ってはいません。自分の希望は本当に明白なんで。
言いたいことはたくさんあるけれど、今のタイミングではないですね。いつか話しますよ。」

【ホルヘ・ロレンソがドゥカティに復帰する可能性はあるの?】
「いまでもチャンピオンライダーなわけだし、本人がまたレースに出たいと思うなら、トライしてみるのは良いことなんじゃないんですか。
ただ、正直なところ、僕ら2人でシート争いをすると言う状況になるとは思ってません。だから、別に問題ではないですよ。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo & Video:Instagram

POSTED COMMENT

  1. 774RR より:

    ドビィにとって自身の契約更新にロレンソの話が出てくるのは心外だと思うけど、Ducati側の対応がなんかちょっと不思議な感じはします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP