MotoGP

2020 アンダルシアGP【モトGP:FP2リザルト&トピックス】



『2020 アンダルシア モトGP FP2トピックス』

★7月24日(金)、アンダルシアGP(ヘレスGP第2回目) モトGPクラスのFP2が行われた。

★FP1よりタイムを上げた選手は数名のみ。総合順位は、ほぼFP1通り。

★セッション中盤で路面温度53度。先週の日曜レースとほぼ同気温。

★首位タカアキ・ナカガミ。サプライズ。
チームメイトのカル・クラッチローは19位。

★2位ヨハン・ザルコ。スリップ転倒、すぐにマシンに戻って再スタート。

チームメイトのティト・ラバトは14位。

★3位ポル・エスパルガロ。自己ベストタイムを記録した後、スリップ転倒(ハードブレーキング地点で膨らみ、ザルコ選手に衝突しそうになる)。

チームメイトのブラッド・ビンダーは11位。

★4位フランコ・モルビデッリ。
チームメイトのファビオ・クアルタラローは6位。

★5位マーヴェリック・ヴィニャーレス。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは8位。レースペース作業。

★7位ジョアン・ミール。第1〜2セクター最速。
チームメイトのアレックス・リンスは20位。

★9位フランチェスコ・バニャイア。
チームメイトのジャック・ミラーは10位。

★12位アンドレア・ドヴィツィオーゾ。レースペース作業。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは13位。

★15位ミゲル・オリヴェイラ。
チームメイトのイケル・レクオナは17位。転倒。

★16位アレイシ・エスパルガロ。
ロマーノ・アルベジアーノ氏(アプリリア・テクニカルディレクター)のコメント。
「エンジンの回転数を抑えるべく作業をしていて…まぁ、500回転程度の話しなんですけどね。パドックで噂になってるような1500回転とかじゃないですよ。
慎重に行くことにしてるんですよ。本社の方では新エンジンの作業をどう進めて行くべきか、テストを行っているところでね。
先週の金曜はチャタリングの問題が出てしまい、アレイシはちょっとその影響を受けてしまっていたんですよ。日曜には、いわゆるスタンダードのセッティングに戻しただけで解決したんですけどね。本人もすぐに調子を取り戻してました。
レース本番ではかなりスピードを出せていて、信頼感もかなり掴めていたようなんですが、その後、転倒してしまってね。今週末は、うちとしては自信はありますよ。」

チームメイトのブラッドリー・スミスは21位。

18位アレックス・マルケス。
チームメイトのマルク・マルケスは土曜日セッションから出走

フランチェスコ・グイドッティ氏(プラマック・チームマネージャー)がマルケス復帰について言及した。
「びっくりですよね。日曜の時点では半年静養って感じだったのに、明日はもう走るって言うんでしょ。まぁ、あまり一般受けしないことは言いたくないが…マルケスが走ることにしたってことは、本人にやる気があるってことなんだから可能なんじゃないんですか。
最優秀ライダーだなんてことを証明する必要はない…もうベストライダーなんですからね。ただ、こう言うのは間違いだと思うんだが…将来的に見てもねぇ。
0ポイントレースを1回やって、そして、100パーセンの状態じゃないのに復帰するわけでしょ。ちょっと困惑しますよね。
まぁ、明日、どんな様子なのか…ベストな判断をして行こうじゃないですか。まぁ、とにかく、度胸はありますよね。」

『2020 アンダルシアGP モトGP FP2リザルト』



『2020 アンダルシアGP モトGP FP2総合リザルト』



POSTED COMMENT

  1. すぱおー より:

    すごいやん!

  2. ハンス より:

    FP1と2は余り参考にならないので期待半分で見ておきましょう。

  3. いたたわ万歳(浅) より:

    中上さんはマルク兄さんと同じ様なセッティングで走ってみたんですね。
    って事はホンダ機を分かっちゃってるって言ってしまっていい感じですかー?ちょっとあがるー。

    路面温度のせいか午後は今ひとつタイムが伸びなかったヴァレンティーノですけど総合は2位ですね。
    久しぶりに晴れやかな笑顔を見て自分で思ったより幸せなキモチになってしまいました(泣)
    バイクに異変が起こらない事を祈ります。

    ホンダさんのパーテーションの奥も気になる。
    まさかなんにも用意してないって事は……。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP