Moto2 category

VR46『マリーニのモトGP昇格を望んでいる』アルベルト・テバルディ

『テバルディ:マリーニのモトGP昇格を望んでいる』

★ヴァレンティーノ・ロッシの右腕と称されるアルベルト・テバルディ(通称アルビ、VR46社代表)が、10月末、次のように話した。

【2022年、VR46チームはモトGP参戦をするの?】
「おそらく、それに向けて尽力する可能性はあるでしょうね。ただ、多くの事柄が関連してくることだから。
あと10日前後ほどで、ルーカ・マリーニのモトGP昇格が来年になるか、それとも再来年になるかが分かるんですよ。
もちろん、我々としては昇格してもらいたいと思っているし、本人もそう希望はしてるんですけどね。」
(※なお、VR46チームは2021年、モト3チームから撤退し、その代わり、アヴィンティアのモト3チームの技術支援を行いつつ、ニッコロー・アントネッリを参戦させるのではないかと見られている。)

【マリーニ選手の成長ぶりについては?】
「現在のレベルには実に満足していますよ。この何年間か、ルーカがどれほど努力してきたか…どんなアプローチで、どれだけ情熱を注いでいるかを見てきてますしね。
私としては、非常に敬意を払っている若者の1人ですね。けっこう苦労しながら、ここまで進んできているし。」

【フランコ・モルビデッリについては?】
「良かったと思ってます。実にハイレベルな努力をしていますからね。凄まじい集中力でね。現在の活躍ぶりには驚いてませんよ。実に強いライダーなんで。
この世界では、(ライダーは)燃え尽きて失墜しかねませんからね…とにかくすぐに結果を出さなければならず、あらゆる面で急成長させて、神格化できるような選手を生み出そうって感じでね。
我々の世代から、そう言う風になっているのでしょう。とにかくモルビデッリの真価も速さも、我々は良く分かってますから。」

[ 中編に続く ]


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

モルビデッリ選手が『ゾーン』に入った話は、note『テルエルGPまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP