MotoGP

プーチ『マルケス不在により、ホンダの今シーズンは評価できない』

『プーチ:マルケス不在により、ホンダの今シーズンは評価できない』

★マルク・マルケス不在の2020年は、ホンダにとって久しぶりの優勝なしシーズンとなった。

★アルベルト・プーチ氏(ホンダHRCチームマネージャー)のコメント。

【今シーズンについては?】
「今シーズンのホンダを評価することは不可能でしょうね…トップライダーの1人が不在だったのですから。
半分しか評価できないでしょう。まぁ、言うまでもなく、良くはないですよ。
記憶に留めるような年ではありませんね。うちに限らず、コロナウイルスの影響を大きく受けてましたから。
それに加え、うちはライダーの1人が不在となってしまい、計画全体に影響を及ぼしていたと言う点が、もっとも異常なことでしたね。
タイトル獲得の可能性を有するチームだったものの、マルク不在なうえ、ルーキー選手を抱えた状態で、まったく不可能になってしまったわけですよ。」

【そのルーキー選手ことアレックス・マルケスのおかげで、表彰台を2回獲得でき…】
「アレックスは実に良い仕事をしてくれました。今年序盤、大勢が彼の実力は信頼できないと言ってましたけどね。シーズン中盤に一歩前進し、実に速くなりましたよ。
ホンダ機に関して言えば、期待以上のステップアップを遂げ…そして、ナカガミに関しても同じことが言えますね。トップ陣に喰いついて行けるところを見せてましたから。」

【カル・クラッチローが今年末にホンダ離脱となるが…】
「カルは浮き沈みがあったものの、マルク不在の中、マシンに関して多くの事柄を突き止める助けになってくれました。
そして、特筆すべきはステファン(ブラドル)ですよ。テストライダーとして、そして、正規ライダーとしての役割も果たし、英雄ですよ。この役割に即効で適応してくれてましたよ。」


(参照サイト:『Gpone』)

プーチさんのような『完全ノーコメント派』が日本メーカーと組むと良くないって話は、note『マルク・マルケス、4回目手術の可能性が浮上』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. ニッキー69 より:

    何言ってんだ、1勝もできないんだから零点にきまってんだろ。
    トップライダーがいなくても勝たせるのがアンタの仕事だ。

  2. すぱおー より:

    シーズン初めからシーズン終わりまででマシンが良くなった順とすればスズキ、ホンダ、KTM、ドゥカティ、ヤマハ、アプリリアの順でしょうからね。成績は評価出来なくても来シーズンに向けて良いものがあったでしょうね

  3. へほへも より:

    この人は何を評価されてこのポジションにいるのかがよくわからない

  4. チナミ より:

    マシン開発も然り、マルクに依存し過ぎた結果でしょう。

  5. トーヤ より:

    スマルケスがレースに参加してたとしても勝てる保証はない怪我をして出場出来なくなるのもレースには付き物で条件は全員一緒です。然も今年のレースはコロナ禍の影響で日程も過酷で行われた実際誰が勝つのか予想は難しかったその中のチャンピョンは通常より価値があると思います。マルケスはそんなふうに思ってないプーチさんの負け惜しみは恥ずかしい

  6. maxtu より:

    まあ、長いGP歴史のなかでもHONDAのポディウム2回だけというのは稀だし、責任問題に発展しそうなのにね
    今年だけではなく去年のロレンソ抜擢、大不調からその傾向があったのだから

  7. 岸本ジョン より:

    勝てば官軍負ければ賊軍の世界ですよ。

  8. WR#1 より:

    今年、同一メーカー内で異なるウイナーを輩出したスズキ・ヤマハ・KTM・ドゥカティに対して、未勝利で終わったホンダ…完全に明暗が別れてしまいましたねぇ。
    強いて挙げれば、エース不在となったときのリスクマネージメントが他のメーカーより弱かったように感じます。
    しかしながら、来年はKTMから移籍のポル、更なる飛躍を期待されるタカ&アレックス。
    仮にマルケスが不在となっても布陣的には問題無いと考えます。
    ただ、不安要素が有るとすれば、何れの選手もMotoGPクラス未勝利ということですかねぇ。

  9. 半世紀 より:

    今年の特殊性は開催地とスケジューリングだけでそれも全てのメーカーとチームに対して同じ条件であり何も公平性を欠いてはおらずただの負け惜しみでしかないですね。
    大怪我をしたエースライダーの非常識な復帰を制止する事も出来ずに単純に今シーズン無勝利のメーカー、チームです。

  10. がや より:

    かなりブラドルの仕事はハードだったけど
    それでもテストライダーとマルクの代役をしっかり務めたのは素晴らしかった
    タイヤへの適合も後半になるにつれ上手く適合出来たので後は来シーズンに期待かな

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP