MotoGP

ビニャーレス『グリップの少ないトラックでも走ってみないことには…』2021 カタールテスト

『ビニャーレス:グリップの少ないトラックでも走ってみないことには…』

★3月11日、カタールテスト4日目でマーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)が首位だった。

★ヴィニャーレス選手のコメント。

【今日はスタート練習も熱心にやっていたが…】
「スタートを改善しようと思って…スタート手順だけじゃなく、メカニカルな部分も改善したいんですよ。良くはなってるんですが、何度も練習するのが大切だから。現在のモトGPでは、スタートでかなり勝負が決まりますからねぇ。」

【ヤマハ機のフィードバックはポジティブ?】
「今はベストなセッティングを探っている最中なんですよ。グリップが少ない時、ヤマハ機は苦戦しがちだから。でも、それを補って、こことは特性の異なるトラックでも上手くやるツールはあると思うんですよね。」

【その辺についても、けっこう作業しているの?】
「そうですね。グリップなしでの操縦をけっこう試してるんですが、楽ではないです。とにかく、ここトラックはグリップがけっこうあるもんだから。
最終ラップでのタイヤも良い状態だし、マシンは仕上がってるって感じなんで、けっこう満足しています。もちろん、出しておいた指示に対して、きちんとフィードバックを返してもらわないとなりませんけどね…特に他のトラックに関しても。でも、諸々は上手くいってる感じですよ。」

【ドルナは、今回、カタールでモトGP関係者全員にワクチン接種をしてしまおうと考えているようだが…それが可能な場合、貴方は接種する?】
「分かりません。危険だからと言うわけではなく、その件についてまだ良く知らないんですよ。チームとも話してないし。ただ、絶好のチャンスだとは思いますけどね。」

【今日の手応えからすると、カタール開幕戦は大いに期待できそう?】
「レースは全然別物だから…重要なのは全力を出せるかどうかだけですから。」

【全体的に見て、どんな感じ?】
「自分達のレベルを正確に知るには、グリップの少ないトラックでマシンを走らせてみないことにはねぇ。今も言ったように、今のところ、手応えはかなり良いんですが。」


(参照サイト:『Moto.it』)

モトGPプライベートチームは1シーズン、どのぐらいお金がかかるのか?って話は、note『VR46はモトGP参戦するのか?グレジーニチームはどうなるのか?』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP