MotoGP

ミラー『ウェットは初めての時から自然に走れてしまう』2021フランスGP

『ミラー:ウェットは初めての時から自然に走れてしまう』

★5月16日(日)、フランスGP決勝戦でジャック・ミラー(ドゥカティファクトリー)が優勝した。2連勝である。

★ミラー選手のコメント。

「正直なところ、一体なんて言っていいものやらねぇ…まずはドライコンディションで、それからウェットでしょ。そして、またドライになって…至るところ、風がビュンビュン吹いていてねぇ。
とにかく、長いレースでしたね。序盤はヴィニャーレスが強かったけど、その後はクアルタラローで…ヤマハ組の攻撃を受けてたってわけですよ。そうしたら、雨脚が強くなってきて、まるで水の幕みたいになってねぇ。
ブレーキが上手くかけられず、コースアウトしてしまって…自転車に乗ってる子供みたいに転倒するとこでしたよ。」

【その後、ピットレーンでの速度違反により2回ロングラップ・ペナルティが科せられ…】
「あれは信じられなかったですねぇ…自分が何をしたのか、ピンと来なかったもんだから。ただ、フランス製のオービス(速度違反自動取締装置)には、よく捕まるんですよ(笑)。
ペナルティコースって、もっと滑るのかと思ってたんで、1回目は気をつけてたんだけど、2回目は速く走ってましたよ。その後、ファビオに追いついて、抜いた後、終盤ラップでは上手く引き離して走れましたね。」

【この優勝を取り逃がしてしまうかも…なんて考えたりもした?】
「いや、実のところ、コースアウトして転倒しかけた時以外は考えなかったですね。ロングラップ・ペナルティを2回やった後、ファビオにそれほど引き離されてないって気づいたもんだから。」

【なぜウェットでこんなに速く走れるの?】
「強いプッシュをして…だから、けっこう転倒もしてるんですよ(笑)。僕はマシンが暴れても気にならないし、モトクロスやダートトラック出身だからかなのか…よく分かりませんけどね。
初めてのウェットレースの時から速かったし、自然に走れてしまうんですよ。これまで乗ってきたマシンの特性が…ドゥカティ機やホンダ機の特性が、助けになってるのかもねぇ。」

【クアルタラロー選手がウェットでも速いところを見せていたが…最大のライバルになりそう?】
「ファビオがドライで最強なことは周知の事実だし、いまやウェットでも強いと言うことでしょ。ただ、そう言うことは心配してないんで。こう言うコンディションで強い選手は他にもたくさんいるから…例えば、マルケスやペトルッチとか。ペトルッチなんて、多分、一番かもね。
まぁ、結局はこんな感じなんでしょ。自分が主役の時もあれば、他の誰かが主役になる時もあるってことで。去年は、けっこう出来が悪かったですけどね。」


(参照サイト:『2021スペインGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. ○九 より:

    この先も続ける気ならホンダは形振り構わず
    アコスタを掻っ攫う算段をした方がいい

  2. 774RR より:

    ほんとにそう思います。でも今のホンダは誰も行きたくないでしょうね。。。。

  3. フレッド より:

    今年のドゥカは本当に強いな~。
    全域でパワーがあるからダウンフォースを付けても余裕の加速!
    ムジェロは表彰台独占かな?
    真ん中には初優勝のイタリア人に立って欲しい。

  4. 774RR より:

    ミラーが勝つと、全体的に雰囲気が良いですね。個人的にもミラーは好きです。表彰台はスペイン人とイタリア人ばかりだからオージーやフランス人が勝つとちょっとうれしいです。

  5. ロッシふみ より:

    >774RRさん
    同感です。 特にミラーとファビオは、馴れ合いではない、高いレベルの信頼関係を感じます。 本当にチャンピオン争いをしても、それほどそれ程酷い関係にはならない感じですよね。

  6. スペンサーレプリカ より:

    ロッシや、ロレンソ、ペドロサがバチバチやってた頃までは、結構ライダーどうしのバチバチ感がありましたが、今のライダーたちはそういうとこあんまり見せませんよね~。

    新世代なのかそういうメディア対応を学んでいるのか、いずれにせよ時代の変化を感じますね。

  7. ume14 より:

    ローソン、スペンサー、ガードナーもバチバチでしたよね(笑)
    そういうのを求める私はもう老害なのかしら~(泣)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP