MotoGP

マルク・マルケス『今日は勝てたけど、まだ以前の自分ではない』2021ドイツGP

『マルケス:今日は勝てたけど、まだ以前の自分ではない』

★6月20日、ドイツGP決勝戦でマルク・マルケス(ホンダファクトリー)が優勝した。

★マルケス選手は同トラックが得意で、今回で11連勝となる。

★マルケス選手のコメント。

「これまでのキャリアの中でも実に厳しい時期を経てきて、今はまだピンと来てないと言う感じで…。
家族や医師陣、チームの皆に助けてもらって、今、こうしてここに…こう言うポジションにいるんです。1人では無理だったでしょう。
ホンダにも感謝してます…僕のことを本当に配慮してくれて。今回の優勝はホンダHRCファミリー全員にとって、貴重なものとなるでしょう。」

【これまでのキャリアを通じて、今日と言う日はどれぐらい重要なの?】
「なんとも言えません…毎日毎日、同じ日はないんで。例えば、タイトルを獲得した日なんかは、また違った味わいだから。強いて言うなら、ここまでの日々については、キャリアを通じて成し遂げてきたことよりももっと誇りに思えると言うことでしょうか。
もちろん、ここで勝つことは重要だったけれど、でも、まだ完治したわけではないから、完全ゴールと言う気持ちでお祝いすることはできませんね。」

【どの時点で優勝を確信したの?】
「今日、物凄いチャンスが巡ってきたことは分かっていたけど、ただ、ここまで厳しい時期を経てきてるからメンタル的には楽なものではなかったです。でも、『頑張ってみろ』って自分で自分に言い聞かせてました。
できるだけトップ陣に喰い付いて行かなければならず…その後、4〜5周後に雨が少し降ったんで、『よし、これで僕のレースになった』と思い、最初のペースを維持して行きました。2回目に軽く降った時も、そんな感じで…その辺でリスクを負ってみようかなと思って…。もし転倒してたら、プレッシャー的には厳しかったでしょうね。
その後、レース後半はミゲル(オリヴェイラ)のリズムを上手くさばいていかなければなりませんでした。その都度、集中していくのは楽ではなかったけど、上手く行きましたね。」

【今後のレースに向けては?】
「今日は勝てたけど、アッセンではまたこれまでのレベルに戻ってしまうと思います。今回はトラックのおかげで、身体の問題がカバーできたんですよ。左折コーナー続きだから。まぁ、100%フル活用することはできなかったですけどね。でも、身体の問題をあまり感じずに走れたのは初めてでした。」

【手術後、もっとも厳しい時期はいつ頃だったの?】
「手術中は、また以前のように高い戦闘力で走れると信じてたんですが…もっとも厳しかったのは、ポルティマオで復帰した時ですね。
あの時、以前のマルク・マルケスに戻るには、かなり長い道のりになるぞって分かったんですよ。」

(参照サイト:『Moto.it』)

来年、ホンダ技術スタッフに大変革があるかも!?って話は、note『2021カタルーニャGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥99
(2021/07/28 09:11:37時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 774RR-R より:

    感涙

  2. レンチョウ より:

    レース前にRepsolHONDAがtwitterで雨乞いしてましたもんね。
    勝てる自信があったってことでしょう。
    またマルケス劇場が再開するんでしょうか…

  3. ark より:

    マルケスの気持ちを理解していて、とても分かりやすい翻訳ですね。読んでいる自分としても今回優勝したマルケスの嬉しさがよく伝わってきました。

  4. ドナルドT より:

    比較的アンチ寄りでしたが、やっぱりマルクが速いと他の贔屓の選手の応援にも熱が入らないのがよくわかった。
    復活おめでとうございます。
    とは言え、程々でお願いします(笑)

  5. マッター より:

    マルケス万歳!
    ラスト10周位から転けないでーって、気が気じゃありませんでした。でもその分ゴールの時は嬉しかったです!
    良かった良かった。

  6. タディの星に願いを より:

    優勝するんじゃないかと思ってたけど本人が無理っていうもんだから余計びっくりした!

  7. ss13 より:

    言葉はいらない感じですけど、優勝おめでとう。マルク・マルケス!!

  8. POP84 より:

    左回りが多いサーキットだと、タイトル争いしてるライダーから見たら脅威になりそう

  9. より:

    何をどう考えても、持ってるって言う以外はない。
    勝利の女神が微笑んだと。

    冷めた見方をすれば、タイトル争いをしている選手は、リスクを冒せない。
    無関係なマルケスだからリスクを冒せると言えばそれまで。

    しかし、そこで降るのかと。
    努力を続け、攻め続け、転倒しても攻め続け、攻め続けたから勘も戻り、テストで走り続けたから、実戦体力もそれなり戻り、レースペースを作り上げ、一周目だから許されるパッシングもズバッと決め、アレイシも退けトップ。

    そして、パラパラ。

    勝負の世界では、準備が出来ている者のもとに幸運は訪れるなんていったりもするが。もちろん。偶然な訳だけれども、

    何と言うか、もう、勇者レベルな感じ?
    完全復活は、まだ時間が必要だろうけど、出来すぎ。

  10. maxtu より:

    タイトル争いと関係してても勝てると思えばリスクを冒すのがマルケスかと

    ただ、本人のコメントから察するに右腕の状態は芳しくないみたいね
    このままだとオフに再手術もあるかも

  11. ume14 より:

    やっぱり凄いですよね
    ホンダが大事にするはずだよ!
    おめでとうございます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP