MotoGP

『素顔のロッシは…レース大好き人間!』アレックス・ブリッグス

『ブリッグス:素顔のロッシは…レース大好き人間!』

★アレックス・ブリッグス(オーストラリア出身)は2000年にヴァレンティーノ・ロッシがホンダよりモトGP昇格した際よりメカニックを務め、その後、同選手が他メーカーに移籍する際は常に帯同されていたが、ヤマハ・ペトロナスSRTへの移籍に伴い、2020年末に解雇された。

★ブリッグス氏はロッシ選手に付く前、ミック・ドゥーハン(1994〜98年まで500cc5回連続総合優勝)を担当していた。

★ブリッグス氏がロッシ選手について、最近、次のように話した。

[ 前編はこちら ]

【ロッシ選手の素顔は、どんな感じ?】
「それについては、皆から訊かれますね。『ぜんぜん普通だよ』って答えを期待される時もあるし、『超ク○野郎だよ』と言わせたがってるのだろうなぁ〜と言う時もあるし…。
実際は、とにかく、レース大好き人間ですよ。まぁ、とにかく、信じられないぐらい詳しいから。記者の皆さんなんか、ああ言う人と一緒に食事に行ったら楽しいんじゃないんですか。
いずれにせよ、ヴァレと言う人間は、TVに映ってる時とほぼ同じ感じです。私らと一緒の時なんかは特にね。ありのままって感じですよ。
ここ数年間は、『ランチ(※ロッシ私設トレーニングコース)』のディナーに参加してました…彼のピザレストランから、ピザを運んでもらってねぇ。私らメカニックだけじゃなく、ヤマハチーム全員が招待されていてね。来なかった者もいたかもしれないが、ほとんどが参加しましたよ…滅多にないことだったんでね。
あの時は、とにかく楽しそうにしてましたよ。私らと一緒の時は、特に素に戻ってる感じだから。私らが『ランチ』のコースを走って、転倒するのを大はしゃぎで眺めてましたよ。
毎年、フラットトラックを走らせてくれて…アクセルの開けっぷりやら、リアブレーキの使い方なんかを思い出してましたね。私らがレースをする時は、ヴァレが解説やら撮影をしてくれて…終わった後のディナーが観戦会になるんですよ。ヴァレはチーム内にキャラの立ったのが大勢いるって分かってるんで、レース解説なんかは素晴らしいもんでした。
私は2回ほど表彰台に上がったんですよ…ブレント・スティーブンス(※ロッシ選手の元メカニック)と一緒にね。ルーカ・カダローラが参加した年もあったけど…まぁ、私らとのレースに出るわけがないって、分かってましたけどね。
マイオ・メレガッリ(チームマネージャー)も、以前は強い走りをしてましたよ。リン・ジャーヴィス(マネージング・ディレクター)の方は、見ていて面白い走りでね。
皆、自分ではもの凄いバンク角で走ってるって思ってるんだけど、あとから写真を見て、がっくりくるんですよ。」

【2011〜2012年のドゥカティ時代は、どんな感じだった?】
「ヴァレにとっては、散々な時期でしたね。本人はヤマハ時代のように活躍できると思っていたし、誰もがそう思っていたけれど、無理でしたね。期待はしてものの、そうはならなかった…。ヴァレ本人には離脱の気持ちが出ていたものの、契約に縛られていたから。あれは大変だったと思いますよ。
現在のドゥカティ機を見る限り、いつまでも変わらない問題点と言うのがいくつかあるようでね。ケーシー(ストーナー)が居た時は上手くやってたし、最近も好調そうだけど…でも、ケーシーだって、結局、出て行きましたからね。」

[ 後編に続く ]

(参照サイト:『Tuttomotoriweb』)
(参照サイト:『Mowmag.com』)

バニャイアのコース外走行が処罰されるなら、2008年ラグーナセカのロッシだって…って言われてる話は、note『2021オランダGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
リマーク(Remark)
¥711
(2021/09/27 18:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 半世紀 より:

    バイクが好きで、速く走りたくて、レースを始めて、誰よりも努力をして、認める仲間に支えられて、世界中のファンを魅了して、最高峰クラスの栄冠を何度も勝ち取り、現役にして伝説と称されて、後輩達の目標となり続け、この年齢になって尚、一秒圏内の予選タイムというポテンシャルを維持し、向上を模索している彼に対して誰一人として口出しする資格はありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP