MotoGP

ミル『失うものがなければ、僕もスリックで走り続けた』2021オーストリアGP

『ミール:失うものがなければ、僕もスリックで走り続けた』

★8月15日、オーストリアGP決勝戦でジョアン・ミール(スズキファクトリー)が4位だった。

★総合順位は首位クアルタラロー(181ポイント)、2位バニャイア(-47ポイント)、3位ミル(-47ポイント)。

★ミール選手のコメント。

「気違いじみたレースでしたねぇ…ゴールした時は、皆、誰が何位なのか見当もつかなくって…面白かったですよ。
レース序盤のドライだった時は1戦目の時のようなグリップが感じられなかったんで、次戦に向けて、チームと一緒に調べてみないと。」

【マシン交換すべきかどうかと言う瀬戸際では、どう考えていたの?】
「残り数周ってとこだったから、当初はリスクを負ってスリックで走り続けると言うのも有りだと思ってたんですが、(その時、一緒に走っていた集団の)全員がマシン交換に戻りだしたんで、『タイトル争いをしている他の選手らがリスクを負わないなら、僕もそうしよう』って思いました。でも、ピットボックスに戻る途中、『でも、ちょっと待てよ…あと数周しかないんだぞ…』とも思ったんですよねぇ。」

【もしブラッド・ビンダーのようにタイトル争いをしていない身だったら、スリックタイヤで走り続けていた?】
「失うものが何もないなら、そりゃあ、そうでしょ。多分、ビンダーと同じようにしてました。リスクを負って走ったおかげで、表彰台に上がれたわけでしょ。
ただ、僕の立場としては、タイトル争いでのポイント獲得の方も考えなければならないんですよね。」

【タイトル争いに向け、今後のレースについてはどう考えているの?】
「次の3戦が重要なんですよ…マシンのフィーリングを良い状態で保てるかどうかが鍵になるでしょう。今日のレースで、もう少しポイントを稼げてたらねぇ…惜しかったです。とにかく、頑張りますよ。」

【昨年はレース優勝1回でタイトルを獲得したが、今年もそれで行けそう?】
「せめて2勝はしないといけないでしょうね…次からはスズキのマシン向けのトラックなはずなんで、もちろん、このままマシンの改善を続けていきますよ。」

【と言うことは、クアルタラロー選手がミスをしてくれるかどうかにもかかっている?】
「今後のレースで、ファビオは作戦を変えてくると思うんですよ。今はかなり引き離しているから、今後は毎回、それを維持しようとプレッシャーを感じるようになるでしょう。
ただ、優秀なライダーだし、そう言うのも上手くコントロールしていけるんでしょうけどね。」


(参照サイト:『Gpone』)

ミールが「ブリヴィオよりリア・ホールショットデバイスの方が助けになった」って言った話は、『2021スティリアGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. 9191 より:

    今季優勝0回のバニャイアとミールとザルコがランキング2位3位4位でタイトル争いしているという今年も混沌なシーズン。

  2. としあき より:

    >今後のレースで、ファビオは作戦を変えてくると思うんですよ。今はかなり引き離しているから、今後は毎回、それを維持しようとプレッシャーを感じるようになるでしょう。
    >ただ、優秀なライダーだし、そう言うのも上手くコントロールしていけるんでしょうけどね。
    こんなジットリしたコメントでプレッシャーかけるんじゃなくて
    俺はチャンピオンだぞ!!!見てろよファビオ!後半戦はぶっ倒す!ってぐらいのコメントして欲しい…

  3. でんでん より:

    >としあきさん
    ミルは目立たず堅実に走りつつ、ライバルに隙があればサラッと抜くタイプだからコメントもこんなものじゃないですかね?
    虎視眈々とチャンスがくるまではリスキーな事しないですし

  4. としあき より:

    >ミルは目立たず堅実に走りつつ、ライバルに隙があればサラッと抜くタイプだからコメントもこんなものじゃないですかね?
    >虎視眈々とチャンスがくるまではリスキーな事しないですし
    たしかにその通り
    moto3のときからレース中も無闇にトップに出ず潜んでたりしたし
    なにより本人もメディア対応苦手みたいなこと言ってたしね
    それを踏まえてチャンピオンにはちょいとサーキット外でも盛り上げるようなこと言って欲しい
    ミルがロッシのファンだからってロッシのマネしろとまでは言わないけど…

    コースの安全とかに関しては結構声を大きくしてるのは真面目なチャンピオンらしいと思う

  5. AC10 より:

    ミルって雰囲気がエディローソンぽいって思うはアタシだけ?生真面目でメディア受けはしないけど職人って感じで。

    エディも最初のタイトルは棚ぼた扱いされてたけど、その後の活躍で皆を黙らせたしミルにも期待したいです。

  6. K より:

    20年のチャンプを棚ぼた扱いする人もいるけど、あんだけ混沌としたシーズンで安定した走りするのはヤバいわけで。今年もなんだかんだ3位なわけだし新世代ライダーの中ではファビオと並んで最強格なのは間違いない

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP