MotoGP

2021アルガルベGP【モトGP:決勝リザルト&トピックス】

『2021 2021アルガルヴェGP モトGP 決勝リザルト&トピックス』

★11月7日(日)、アルガルヴェGP モトGPクラスの決勝が行われた。

★今回の表彰台ライダーは、皆、それぞれの雪辱戦となった。

★ラスト2周と言うところで、イケル・レクオナが一か八かのオーバーテイクをかけたため、ミゲル・オリヴェイラがマシンのコントロールを失い、多重クラッシュが発生。これにより、レッドフラッグによりレース終了となった。

★首位フランチェスコ・バニャイア。前回のミザノ戦では転倒リタイヤとなったが、今回はその雪辱を果たした。同リザルトによりドゥカティがコンスタラクター部門での総合優勝を決めた。
ジジ・ダッリーニャ氏(ゼネラルディレクター)のコメント。
「多少の心残りはありますね…ライダー部門でもペッコにタイトル獲得のチャンスがあったわけだから。実に素晴らしいライダーですよ。」

チームメイトのジャック・ミラーは3位。思いがけず弟マルケスに抜かれたものの、最終的には抜き返し、雪辱を果たした。

★2位ジョアン・ミール。今年は他メーカーに比べてマシンが改善されず、若干やる気を落としていたが久しぶりの1列目スタートから表彰台まで獲得し、こちらも雪辱を果たした。昨日、問題が発生していたアレックス・マルケスとも和解
チームメイトのアレックス・リンスは8位。

★4位アレックス・マルケス。ホンダ勢トップ。レッドフラッグにより、終盤に表彰台争いをするチャンスを失った。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは11位。

★5位ヨハン・ザルコ。
チームメイトのホルヘ・マルティンは7位。バスティアニーニ選手と『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』を戦っている。

★6位ポル・エスパルガロ。やや苦戦気味。
チームメイトのステファン・ブラドル(テストライダー)は15位。マルク・マルケス代役。

★9位エネア・バスティアニーニ。今回も予選2へダイレクト進出ならず。マルティン選手と『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』争いの最中で、3ポイントリードしている。
チームメイトのルーカ・マリーニは12位。

★10位ブラッド・ビンダー。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは転倒リタイヤ。深刻なケガはない模様。ホームレース。

★13位ヴァレンティーノ・ロッシ。
チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは14位。

★16位マーヴェリック・ヴィニャーレス。
チームメイトのアレイシ・エスパルガロは転倒リタイヤ。

★17位フランコ・モルビデッリ。
チームメイトのファビオ・クアルタラローは転倒リタイヤ。チャンピオンとしての初陣だったが、第21ラップで6位走行中に転倒。序盤にタイムロスし、ドゥカティ・プラマック組に阻まれたためFPで出していたようなズムを維持できず、フロントタイヤの温度が上がってしまった。

★KTMテック3チームは両選手(イケル・レクオナ&ダニーロ・ペトルッチ)とも転倒リタイヤ。

『2021 アルガルヴェGP モトGP 決勝リザルト』



『2021 アルガルヴェGP モトGP 総合順位』




(Photo:Motogp.com

POSTED COMMENT

  1. としあき より:

    アレックス久々に来たね
    最後まで見たかったのが本音だけど…

    オリベイラは大丈夫かなこれ

  2. 裏六甲のスペンサー より:

    ミラーとアレックスの3位争いは、最後まで見たかったですね。
    そう言えば、レース後にインタビューでミルが物騒な事を話してましたね。
    あれ、気になります。

  3. ががが より:

    いつもは赤旗終了の場合、アクシデントがある前のラップの結果で終了だと思うんですが、何で今回はオリベイラもレクオナもリタイヤ扱いなんでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP