MotoGP

ペドロサ『ストーナーが開発したホンダ機は酷かったが、それでも彼は僕より速かった』

『ペドロサ:ストーナーが開発したホンダ機は酷かったが、それでも彼は僕より速かった』

★ダニ・ペドロサ(37才)は2006年にホンダファクトリーからモトGP昇格し、2018年末に引退するまでチームを替えなかった。
なお、在籍中のチームメイトは、ニッキー・ヘイデン/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/ケーシー・ストーナー/マルク・マルケスである。

★最近、ペドロサ元選手が『DAZN』のドキュメンタリー『Cuatro Tiempos』で、ケーシー・ストーナーについて次のように話した。

【2012年は貴方が負傷していたため、当初、翌年に向けてのマシン開発をストーナー元選手が行っていたそうで…】
「その新マシンのテストをブルノで行ったんですが、ケーシーと一緒に走ってみたら、僕の方が1秒遅かったんですよ。
乗った途端、マシンの感触が酷くって…理解不能って感じのマシンでした。いったいケーシーが、どうやって1秒も速く走ってるのか見当もつかなくって。
僕にしてみたら、まるでこっちが操られてるみたいなマシンで…コーナーの度に転倒しそうになってたんですから。」

【それで、貴方はどうしたの…?】
「日本人のエンジニア陣にきちんと話し、マシンを変えてくれるよう言いました。結局、そのシーズンの終盤に新マシンを作ってもらえましたね。
そっちのマシンは、僕もケーシーも速く走れるようなものだったんです。ただ、それでも僕は、ケーシーよりも1秒遅かったんですけどね。」

(参照サイト:『Tuttomotoriweb』)

ペドロサが「ロッシは自分が速く走ろうとするのではなく、ライバルを遅くしようとしていた」って言った話は、note『ロッシ引退後の近況、ライバル陣の爆弾投下も…』でどうぞ!

created by Rinker
¥545
(2023/01/31 12:02:06時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP