MotoGP

ケヴィン・シュワンツ『ロッシの強味は笑顔』

『シュワンツ:ロッシが総合優勝候補、強味は笑顔』

kevin-gazzetta.jpg


ケヴィン・シュワンツ(1993年500ccチャンピオン)が、今季のモトGPのタイトル争いについて次のように語った。
「ヴァレンティーノ・ロッシが、キャリアでも1、2を争うようなシーズンをこなしてるね…私的には、彼がチャンピオン候補だね。」

【今年のロッシ選手には驚いている?】
「物凄いことになってるね…ここ2レースなんか絶好調って感じで、おかげでホルヘ(ロレンソ)は休暇中も心配してるんじゃないかい。この休暇が終わったら、ホルヘに何か問題が出てくるんじゃないかと思うがね。」

【36才のロッシ選手が、どうやったここまでの力を発揮できるのか?】
「これだよ(※歯磨きのCM並みの笑顔を見せる)!彼の秘訣は笑顔だね…常に高いモチベーションで、強くて若いが、特に笑顔ですよ。そこが彼の成功の鍵。あと、頭もね。」

【ロッシ選手はメンタル面では最強?】
「確実にね。どう言う風にマルク(マルケス)やホルヘ(ロレンソ)に対応してるかを見てれば一目瞭然でしょ。」

【しかし、ロレンソ選手などは心身ともにケアし、昨年の不調も乗り越えているが…】
「チャンピオンライダーの力の90%は頭なんですよ…その辺では、ヴァレンティーノは無敵だね。確かにホルヘは速いし、4連勝も果たした…素晴らしいフロントランナーですよ…でも、思考力は弱いね。顔を見てれば、いつもしかめっ面でしょ。プレッシャーはあるし…今後の戦いをどう切り抜けていくのか見ものでしょうね。」

【マルケス選手は常に笑顔だが、やはりロッシ選手に破れているが…】
「アルゼンチン決勝戦での接触後、ヴァレンティーノのせいで精神的にはかなりゴタゴタしてるでしょ…だからこそ、ムジェッロとバルセロナでも転倒したんであって。」

【そしてアッセン最終コーナーでの接触…いずれマルケス選手があれを真似るかもしれない?】
「2人ともチャンピオンで…高速の覇者であり…あの2人の接触戦はまたあるだろうし、マルクの方は次戦は自分のものにしたいでしょう。ただ、2人とも充分に賢いから、接触は避けるでしょ。」

【失うものが多いのはロッシ選手の方だが…】
「ホルヘの順位が、かなり決め手になるでしょうね。ヴァレンティーノは彼とタイトル争いをしてるんだし、ポイントをロスするわけにはいかないでしょう。」

【マルケス選手はタイトル争いから外れた?】
「これだけのポイント差を埋めていくのは難しいでしょ…ただ、残りのレースでは優勝を狙ってくるだろうから、後半戦はなかなか面白いことになるんじゃないんですか。立場的にはマルクが鍵になってくるだろうね。」

【マルケス選手はアグレッシブすぎて危険だと思う?】
「彼のスタイルはドラマチックなんですよ…露骨で、見応えがある。ホルヘのマシンなんかは、まず動くことはないでしょ…正確でね。一方、マルクの方は常にスライディングさせて…そう言うライディングスタイルなんだし、そう言うレースの仕方なんですよ。」

【ストーナー元選手が『現在のモトGPは最低だ』と言っていたが…】
「今年は素晴らしいレースが…最後まで戦いの続くレースが何度もあったし…『現在のモトGPは最低だ』とは言えないでしょう…まぁ、私が現役だった頃とは違いますけどね。」

【最近の選手ついて、気に入らない面がある?】
「皆、むっつりしてるね(※そう言う顔をして見せる)。私らの時は、そう言う感じではなくて…もっと違うキャラだったな。ライバル関係もかなり激しかったし、『自分が1番』って気持ちも強かったし、取っ組み合いの喧嘩もして…でも、常にライバルには面と向かってものを言おうとしていたし、敬意もあった。最近は政治的すぎるね…言い訳が多すぎるし、敬意の気持ちは少ないし。」

【シュワンツ氏の現役時代に、もしロッシ選手がいたら?】
「もちろん合っていたでしょ…良いキャラしてるし、チャンピオンだし、コースでは破格ライダーで、発信能力も高い。間違いなく、ここ10〜15年の世界選手権における象徴でしょ。タイトルを取ったら、それはもう特別なものになるだろうね。果たせるんじゃないかと思ってるんですよ。私的にはね、チャンピオン候補なんで。」

(2015年08月04日『La Gazzetta dello Sport』記事参照)


メルマガ24号 2015年 4月24日 発行】
2015年アルゼンチンGP内輪話

●ロッシ陣営、土曜の夜には勝利を確信!!

[amazonjs asin=”4478013411″ locale=”JP” title=”どんどん儲かる「笑顔」のしくみ”]

笑う門には福来たるクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. カズ より:

    ケニーロバーツのように、シュワンツがスズキチームを率いて、全面に出てくれたら更に盛り上がるんですけどねぇ。

  2. kai より:

    笑う門には…先に言われてました。

  3. ryo より:

    いや~こんな記事があったとは!
    シュワンツのナマの声を聞けたのは有り難い。

    シュワンツから見てもホルヘのメンタルが弱点なんですねー。

  4. かず より:

    さすが元チャンピオン、洞察力が凄いですね。ロレンソは好きなライダーですけど、神経質な
    感じはストーナーと似ている所がありますね。基本的に接戦が嫌い、先行逃げ切りタイプ。
    一人で走っている時が一番速いですしね。その真逆がロッシとマルケス。接戦大好き、スタート
    が苦手等。本当現在のモトGPを同時代で観戦できる事は幸せです。全タイプのライダーいて接戦になる可能性があるシーズン。過去最高のシーズンになりそうな予感です。

  5. WR より:

    シュワンツ大好きです!
    1993年に仙台駅でシュワンツが左手を骨折してSUZUKIのスタッフと一緒に新幹線を待っている時に気さくに記念撮影してくれてますますファンになりました。
    久しぶりの8耐で現役最大のライバルであるレイニーカラーのヘルメットを被ったりライバルに対して本当に敬意を感じます。
    ロッシもそうですが、素晴らしいライダーはコースの外でも素晴らしい人格だと思います。

  6. りゅ より:

    シュワンツ御大、ホルへになかなか辛口ですねぇw
    しかしヴァレをからめた分析は確かにねと頷かされます。

    私はホルヘのメンタルが弱いと思ったことはないけれど、完璧を好む人間に見られがちな危うさを感じることはありますね。
    そして本人もそれを自覚しているんだろうなぁとも。

    いずれにしてもあるがままの自分で戦うしかないわけで(レリゴー?)。
      >今後の戦いをどう切り抜けていくのか見ものでしょうね
    ヴァレンティーノ、マルク、ダニ・・・最高のライバルたちとステージは整った!
    上等じゃぁありませんか!!

    • クラッチ郎 より:

      GP後半戦が待ち遠しくて普段見ないプレカンを公式で見たけど
      ロレロレの貧乏揺すりが激しかったですね!見てて凄く気になって
      鬱陶しかったですよ たぶん隣の二人もそう思ってそう。。。w
      何か情緒不安定なのか?イライラの原因でもあるのか?
      それとも自分がいつも見てなかっただけで毎回の事?(笑)
      シュワンツさんの言ってることも当たらずとも遠からずなのかな?とも

    • mac より:

      りゅさん、ホルヘのメンタルが弱かったらMotoGPクラスチャンピオンに2度もなれないですよ。

      復調したヴァレ、打たれても笑ってかわしちゃうマルクと比較すると、学級委員長っぽい発言が多くなってしまったホルヘは……真面目すぎるのかなぁ。。。
      ホルヘにはヒールキャラで行ってほしいなぁ。
      記者「独走するのが好き?」
      ホルヘ「あん?バトルしたくても後ろがいなかったよ!」

      クラッチ朗さん、私も貧乏ゆすりを見てられません。
      サッカー選手は結構やる人が多いですね。
      ただ、貧乏ゆすりってストレスを感じている場合にするだけじゃないみたいですよ。「貧乏ゆすり 効能」でググってみてください。

      まだシーズン半分?もう半分?
      ロッシの年間優勝、ロレンソの逆転チャンピオン、マルケスの大逆転三連覇。
      2016年シーズンのために優勝だけ狙えばよいダニがヤマハの2人にプレッシャーをかけれるか?
      シーズン中でもエンジン開発できるドゥカティが、サマーブレイク中にデスモセディチGP15の戦闘力を高めることができれば、ダークホース的存在になるかもしれないし……。

      何が起ころうとも面白いシーズンになりそうです。

      • クラッチ郎 より:

        一応。貧乏揺すりの諸説・効能的なはさわり程度には(笑)
        ただシュワンツ氏の
        【今年のロッシ選手には驚いている?】
        「物凄いことになってるね…ここ2レースなんか絶好調って感じで、
        おかげでホルヘ(ロレンソ)は休暇中も心配してるんじゃないかい。
        この休暇が終わったら、ホルヘに何か問題が出てくるんじゃないかと思うがね。」

        ・・・のところが妙に引っ掛かってるんですよ!予告めいてるというか
        何かの暗示なのかって? 結果ロッシタイトルに傾くのを密かに
        願ってはいるってのが本心ですけどね!ロレファンには申し訳ないけどw
        ただね今年もだけど来年のタイヤ変更やその他レギュの変更でもしかしたら
        今年以上に来年の方がロッシにとっては上手く事が運びそうな予感も
        あるんですけどね。。。。。。。

      • りゅ より:

        macさん、そうなんっすよ!
        ホルへ、真面目すぎるくらい真面目だと思うんです。
        「こうあらねば」という自制心が痛いほど伝わって来る時があって、もっとハジけちまえよ!ホルホル!って思うこともしばしばw
         求道者たるアスリートの権化のホルヘ。
        究極的に勝負は常に己の内にあって、『完璧』を求める心が時として最大の敵になり立ちはだかる・・・
        でも最大の味方も自分自身のはずだから、ホルヘはもっとエモーショナルになっていい。
        シュワンツ御大はそこらへんのことを言ってるのかなと思ったりします。
        ヴァレの強さもそこらへんのバランスの良さにあるのかなぁとも。

        クラッチ郎さん、ビンボゆすりはあれ癖なんでしょうねぇw
        わりといつもしてるような気がする。プレカンではw
        今回のは見てないんだけど、そんなに揺れてたんだ?
        だとすると逆に技なのか・・・?wwww
        横の2人に対する地味なアタックなのかっ?
         V:(・・・イライライライラ・・・っるせーなぁホルホル、膝頭テープ貼るぞ!)
         M:ガタッ!(と立ち上がり)「すいません!ロレンソくんがうるさいです!」
        か、攪乱作戦?www
        でもチャンピオンの癖としてはあんましカッコいくないからやめたほうがいいようなwww

        『おかげでホルヘは休暇中も心配してるんじゃないかい。
        この休暇が終わったら、ホルヘに何か問題が出てくるんじゃないかと思うがね』
        ま、まさにこの黒予告的なコメント、ドキ!ですよね。
        もうブリヂストンヤーマダさんのブログやら穴があくほど読んじまいましたよ・・・

        あああ始まる前から私がオーバーヒート気味!?wwww

        • mac より:

          プレカン中に心理戦ですか。
          それも無言で!
          ホルヘ凄過ぎ!

          心理戦はヴァレの得意分野と思いきや、ホルヘもやりますね。
          マルクは歯ぎしりで対抗するとか。ヴァレを挟んで。
          でも百戦錬磨のヴァレは……耳栓で対策してそう。

          インディアナポリスは録画を見るか、早起きするか。どうするかなぁ。
          生放送観ると寝不足で熱中症になりそうなんで怖いんですよね。
          みなさん、オーバヒートには気を付けてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP