MotoGP

ロッシ、新ヤマハM1機に満足:セパンテスト

『セパンテスト:2017年版M1機、ロッシもヴィニャーレスも合格』

rossi_box.jpg


★セパン・サーキットでヤマハファクトリーのヴァレンティーノ・ロッシとマーヴェリック・ヴィニャーレスが、2日間のプライベートテストを行った。これが今年最後のテストとなる。

★同テストで予定されていた多数のマテリアル・テストはすべて終了し、好感触が得られた。

★同テストでロッシ選手は初めて2017年版ヤマハM1機の完全版(※エンジンもフレームも新しくなった)を操縦した。
これまでは常に従来パーツを組み合わせた混合機で、ヴァレンシアテストでロッシ選手は「エンジンは不合格、フレームは再試乗して判断する」とコメントしていた。

★同テスト後、選手らのコメントは出ていないが、ロッシ選手は新マシンに満足した模様。

★同テストでヴィニャーレス選手は初めて2017年版ヤマハM1機を試乗した。先のヴァレンシアテストでは2016年版M1機のならし運転のみだった。同選手も、今回試した新マテリアルに満足している模様。

★同テストは2日間とも午前セッションはウェットコンディションとなったが、午後には速攻で路面が乾き、コンスタントに出走可能だった。
ロッシ&ヴィニャーレス選手はそれぞれ、1日60周前後をこなしていた。

★なお、同テストにはヤマハテック3のヨハン・ザルコとジョナス・フォルガーも参加した。

(2016年11月24日『Gpone』記事参照)


先のヴァレンシアテストについて詳しくお読みになりたい方は、こちらのメルマガで!
note』なら『Vol. 119』だけを、1回分100円(外税)で読めます。プリペイドカードも利用可能。

【2016ヴァレンシアGP ロッシ、イアンノーネ&テストまとめ】[2016年11月19日 Vol. 119
●2017ヴァレンシアテストまとめ:ヤマハ・ホンダ・ドゥカティ
・マーヴェリック・ヴィニャーレス:もうチャンピオン候補
・ヴァレンティーノ・ロッシ:新ヤマハ機は不合格

まぐまぐ』なら11月30日までに登録すると11月分が全部無料で読めますよ。

[amazonjs asin=”B00KHTKAT0″ locale=”JP” title=”Valentino Rossi 2017年 カレンダー ( バレンティーノ・ロッシ )”]

ちょっと安心クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. 掘兵 より:

    来年に向けて・・
    M1もライダーも、一先ず安心?ですねw

    後はミシュランタイヤが安定してくれれば・・・

  2. maxtu より:

    ヴァレとヴィニャーレスは意見交換しながら進めてるんでしょうかね。

    ヴィニャーレスの良さの一つは転倒が少ないんですよね。
    開発や乗り換えでは大きな要素。

  3. kkk より:

    楽しみだなー

  4. TKM より:

    それは結構だけど、ジョナサン・レイのこのタイムはなんだ…!?

    • 111 より:

      驚くべく結果ですね。
      カワサキもSBKマシンでmotoGPに参戦する? ピレリはいてもいいから。

    • なお より:

      今年のmotoGPのポールタイムを上回るってちょっと意味わかりませんね。
      それだけピレリの予選用タイヤは強烈って事なんでしょうか?

  5. clanse より:

    いくら予選タイヤを履いてるからって言ったって、ポールタイムでSBKマシンに負けるとは、MotoGPの面目も丸潰れだな。

    • TKM より:

      いやぁ、それが
      上回ったタイムって、今年のMotoGPの予選ポールタイムなんですよ
      つまり予選タイヤ同士で比べてもZX-10RRの方が速かったワケで・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP