イアンノーネ『ロレンソよ、ドゥカティには野生の勘で乗るべし!』

Pocket

『イアンノーネがロレンソに警告:ドゥカティに合わせるのは難しい、野生の勘を使うべし』

motogp-phillip-island-february-testing-2017-andrea-iannone-team-suzuki-motogp.jpg


★ヤマハに8年間在籍し、今季よりドゥカティに移籍したホルヘ・ロレンソが、なかなかマシンに適合できず苦戦している。

★ドゥカティに4年間在籍したアンドレア・イアンノーネが、ロレンソ選手に助言コメントを出した。

★イアンノーネ選手は2013〜14年の2年間はドゥカティ・プラマックから、2015〜16年の2年間はドゥカティファクトリーからモトGP参戦した。なお、今季よりスズキファクトリーに移籍。

★イアンノーネ選手のコメント。

「ドゥカティ機に自分を合わせるのは難しい課題ですよ。あれは他のマシンとは100%異なるスタイルで乗らなければならないものだから。楽に乗れるようになったのなんて、最後の方のシーズンだけでしたよ。あれを乗りこなすには特殊なスタイルにしなければならないんです。でも、高い戦闘力で行けるようなパワーもありますからね。あとは然るべき操縦法を見つけ出すだけなんですよ。
よくマシンの乗り換えの際は、劇的に自分のスタイルを変えなければならなかったりするでしょ。そのせいで、やけに考えすぎてしまうんですよね。そうやって考えすぎてしまうから、ただただ遅くなっていってしまう。
自分自身をマシンに合わせていくんですよ。つまり、野生の勘で操縦するんです。それまで乗っていたマシンでやってきたようにね。自分の勘に頼ると、それまで乗っていたマシンの時と同じ操縦になってしまうって言うなら、タイムロスもするだろうし、伸びてもいけないでしょうけどね。」

motogp-phillip-island-february-testing-2017-jorge-lorenzo-gigi-dall-igna-ducati-team.jpg


(2017年03月02日『Motorsport.com』記事参照)


フィリップアイランドテストではスズキがウィングに代わる新カウルを披露しておりましたね!
あれ…某イタリア人レポーターさんなんか『ハンマーヘッドシャーク』って呼んでました。
一応、ヤマハ/スズキ/アプリリアの新カウルの違いなどをざっくり説明しておきましたんで…
詳しくはこちらのメルマガで、どうぞ。
『note』なら『Vol. 131』だけを、1回分100円(外税)で読めます。プリペイドカードも利用可能。

【2017フィリップアイランドテストまとめ その2 ドゥカティ&スズキ&アプリリア&KTM】[2017年03月03日 Vol.131

●スズキ:なぜイアンノーネは右肩下がりだったのか?ルーキーのリンスに太鼓判!
・イアンノーネもロッシやドヴィと同じ状況?
・リンスは第2のロレンソになるか!?
・ルーキー好調はモト2クラスの功績?

●新カウル続々登場、レギュレーション変更でエアロ革命
・日本メーカーは「ウィングは効果なし」って言ってたくせに…
・スズキ新カウルは『ハンマーヘッドシャーク』
・アプリリア新カウルは『NACAダクト』
・アプリリア嫌味「ヤマハの新カウルはこじつけ」
・ヤマハ/スズキ/アプリリア:新カウルの違い

まぐまぐ』なら3月31日までに登録すると3月分が全て無料で読めますよ。

ドヴィ選手がアドバイスした方が…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , ,

One Response to イアンノーネ『ロレンソよ、ドゥカティには野生の勘で乗るべし!』

  1. スライドSOHO 2017年3月5日 at 9:24 AM #

    黒いマットのジャングルに
    今日も嵐が吹き荒ーれーるー…?

コメントを残す

スパム防止のため簡単な計算に答えて下さい。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

 

Top