カダローラ『ずっと夢見たことをロッシのためにやっている』

Pocket

『カダローラ:トラック脇に立つ自分の姿を夢見てきて、今はロッシのためにそれができる』

motogp-spanish-gp-2016-valentino-rossi-yamaha-factory-racing-with-silvano-galbusera-and-lu.jpg


★2016年シーズンはルーカ・カダローラ元選手(52才)がアドバイザーとしてヴァレンティーノ・ロッシに帯同していたが、2017年も継続される模様。

★カダローラ元選手はトラック脇でライバル選手らを観察し、ロッシ選手のサポートをしている。

★2015年シーズンにロッシ選手は最終戦までタイトル争いを続けて敗れ、2016年にはモチベーションを失うのではないかと思われていたが、いつも通り、意欲的にタイトル争い加われたのはカダローラ元選手の功績とも言われている。

★カダローラ元選手は2016年フィリップアイランドテストで初めてロッシ選手のボックスに入り、アドバイザーとして適任かどうかが検討された。

★ロッシ選手のコメント。
「ルーカとのコラボレーションは、結果的に実にポジティブでした。人間関係としても、プロフェッショナルな面でも良かったですね。最初は賭けだったけど、試してみたかったんですよ。最終的には、ルーカのようなエキスパートの助けはかなり重要だってことが分かりました。」

★カダローラ元選手のコメント。
「この仕事は気に入ってます。戦いに参加してるって気分になれるんですよね。まるで現役時代みたいですよ。
話し合いを重ね、意見交換もかなりしますね。あと、技術的なミーティングにも常に参加してます。ヴァレンティーノには『こうした方が良い、ああした方が良い』なんて言う必要はありませんよ。ただ、僕の見解を伝えてるだけです。そうして、ヴァレ自身が情報のすべてを管理し、それを実際に利用するかどうかを決めてるんです。
僕はね、現役時代にずっと夢見てきたことがあるんです。それは絶対に実現しない夢で…つまり、トラック脇に立って、マシンを走らせてる自分自身を眺めてみたいって思ってたんですよ。今はそれをヴァレンティーノのためにしているわけです。」

★ホルヘ・ロレンソもヤマハ時代、ウィルコ・ズィーレンベルグ元選手をアドバイザーとして帯同させていた。
また、ランディ・マモラ元選手も同様に多くのライダーを担当していた。

(2017年03月17日『Motorsport.com』記事参照)


新ヤマハ機が進化しすぎてしまい、ベテランロッシ選手が乗りこなせなくなってしまった…
一方、なぜ若手ヴィニャーレス選手は楽勝で乗りこなしているのか?
詳しくはこちらのメルマガで、どうぞ。
『note』なら『Vol. 132』だけを、1回分100円(外税)で読めます。プリペイドカードも利用可能。

【2017カタールテストまとめ その1 ヤマハ&スズキ&アプリリア】[2017年03月19日 Vol.132

●ヤマハ進化しすぎてロッシ苦戦、ヴィニャーレス登場は絶妙のタイミング
・ヤマハ機、他にない進化を遂げる
・ヴィニャーレス好調の秘密はチームにある?
・新ヤマハ機:ヴィニャーレスはOK、ロッシ不調の理由
・ヴィニャーレスはストーナーの再来!?
・ヴィニャーレスのライディングは特殊
・ヴィニャーレスはミシュランの申し子、ブリヂストンで育った選手は…
・ロッシ、三味線は弾いてない
・まだロッシに希望はある

まぐまぐ』なら3月31日までに登録すると3月分が全て無料で読めますよ。

夢は叶う…こともあるクリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , ,

One Response to カダローラ『ずっと夢見たことをロッシのためにやっている』

  1. ブル 2017年3月20日 at 1:46 PM #

    同じマシンにのる若手がでてきたことで

    今まで以上に世代交代の波を強く感じますねぇ

    成熟期に入ってきたであろうマルケスと、勝てるファクトリーバイクを手にしたヴィニャーレスの戦いも楽しみですが、ロッシやペドロサといったベテランライダーの活躍もぜひ見たいもんです!

コメントを残す

 

Top