マルケス『友達は地元にいるからいい』

Pocket

『マルケス:ロッシとの一騎打ちは格別、友達は地元にいるから』

marquez_barros.jpg


★オースティン次戦前にマルク・マルケスが、ブラジルで行われた『Estrella Galicia』のイベントにアレックス・バロス元選手とともに参加した。

★同イベントでマルケス選手は、Facebook上にライブで寄せられた質問に答えた。

【ホルヘ・ロレンソ選手が苦戦しているが…】
「ホルヘは今、もの凄く苦労してますが、絶対に少しづつ前に出てきるでしょうから。」

【ストーナー元選手はドゥカティ機で成功していたが…】
「ケーシー(ストーナー)はとてつもない才能を持った、驚異的なライダーでしたから。
チームメイトとしては最高とは言えないでしょうけどねぇ…もの凄く強い走りをするから…。でも、一緒にレースに出てみたかったなぁとは思います。ライディングスタイルが僕らはけっこう似てますからね。
あと、うちの弟とも一緒にレースに出てみたいです。アレックスとチームを組むのが夢ですねぇ!」

【ロッシ選手については?】
「ヴァレンティーノ(ロッシ)との一騎打ちは、いつだって特別なんですよね。彼は接触戦に強くて、常に学べるところがあるんです!
僕らはプロとしての関係を維持してます。もう、すべて落ち着いた状態ですよ。まったく問題なく、互いに挨拶してますから。
ここでは全員仲間ではあるけど、同時にライバルでもありますから。互いに前に出たがってますからね。友達はね、地元にいますから!」

(2017年04月12日『Motoblog.it』記事参照)


アルゼンチンGPのフロントタイヤ問題で『ロッシへのひいき』が問題視された時、マルケス選手は中立の立場を守ったんですよ。
くわしくはメルマガでどうぞ!
『note』なら『Vol. 136』だけを、1回分100円(外税)で読めます。プリペイドカードも利用可能。

【2017アルゼンチンGPまとめ その1 ヤマハ&フロントタイヤ問題】[2017年4月16日 発行 Vol. 136

●ロッシへの陰謀だったのか?:フロントタイヤ問題まとめ
・4番目フロントタイヤ出現の経緯
・2016年版タイヤ、ロッシえこひいき?
・ミシュラン「ロッシ贔屓はしていない」
・アンドーラ派によるロッシへの陰謀説
・マルケスは中立派
・ブリヂストン時代にこんなことはなかった
・ミシュランの真の目標は『打倒ブリヂストン』
・フロントタイヤは今後どうなる?

無料で読みたい人は『まぐまぐ』を4月30日までに登録してネ!最初の1ヶ月はタダなんで。

オースティン必勝クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top