ロレンソ『ドゥカティ機がヤマハ機に似てきた』2018セパンテスト

Pocket

『ロレンソ:ドゥカティ機がヤマハ機に似てきた』

lorenzo-box (2).jpg


★ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティファクトリー)がセパンテスト初日に3位、2日目に4位を獲得した。

★ロレンソ選手のコメント。

「いまやドゥカティ機はヤマハ機に似てきましたね。ここ何年間か、自信を持って乗ってきたマシンに似てきたってことです。」

【しかも、ドゥカティ機の特性や馬力はそのまま…】
「第1セクターと最終セクターで、僕が最速だったんです。たまたまじゃないですよ。どちらも長い直線コースがある区間だから。第3セクターは他の選手と互角で、第2セクターでは0.3秒ロスしてしまいました。そこのタイムを、なんとかしたいところですね。」

【1周タイムを上げることより、レースに向けての安定感を出すようにしている…】
「今日、僕は2分前後ぐらいのペースだったんです。明日、もっと上げていけるようなら、けっこうな結果と言えるでしょうね。また戦闘力が上がってきてるし、新しいものもいくつか試してみました。マシンは強い走りをしているし、ポテンシャルは絶対にまだまだありますよ。もの凄い大躍進ってわけじゃないが、毎日毎日、大きな改善なんて期待できませんからね。」

【自信を掴めたのが重要…】
「今年のマシンは去年のよりずっと良いですね。もちろん、GP17機も強かったし、それはジャック・ミラーのタイムを見れば一目瞭然でしょ。でも、今年のはもっと良いんです。まだブレーキと加速は調整していかなければならないし、ぱっと見たところ、かなりの選手が接近してますからね。」

【ロレンソ選手とミラー選手はウィング付きカウルが好みで、ドヴィ&ペトルッチ選手はウィングなしの方が好みのようだが…】
「ここだと直線コースで時速6〜7kmはロスしてしまうから。ただ、加速で取り戻せるんですよね。結局、何を求めているかの違いでしょ。」

(2018年01月29日『Gpone』記事参照)


モルビデッリ選手が2017年ライバルだったルーティ&アレックス・マルケス選手について語っている話は、無料閲覧『note』!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top