マルケス『ロレンソ記録?重要なのはレースペースだけ』2018セパンテスト

Pocket

『マルケス:ロレンソ記録?重要なのはレースペースだけ』

marc-in-the-garage.jpg


★マルク・マルケス(ホンダファクトリー)がセパンテスト3日目(最終日)を7位で終えた。なお、3日間総合では8位だった。

★マルケス選手のコメント。

「以前はいつもモニターで順位を確認し、どんな状況でもタイムアタックをしてたんですが…その後、何年かの間、ストラテジーを変えてみたんですよ。理想的なセッティング探しに時間をかけ、ロングランを増やすことにしたんです。以前はもっとリスクを負ってたけど、今は変わりましたね。リスクを負うのは、そうできる準備が整った時だけです。もちろん、皆さんは今日の僕のタイムを注目するわけだけど、1周タイムを追求しなかったってことなんですよ。新パーツを大量に試す方を優先してました。気温が高い時間にロングランをしたんですが、リズムは良かったですね。第1回目テストの始まり具合には満足してます。次はタイテストなんで、どの辺りまで進んで来れたかを確認するつもりです。」

【今回のテストでは新エアロダイナミクスあり、新エンジンありで、すべて開発していかなければならない…】
「今のところ、新カウルはいくつか疑念があって、回答待ちのものもあります。他のトラックで試してみますよ。新カウルはけっこう極端で、テクニカルレギュレーションのぎりぎりってとこですね。シーズン序盤に向けて、1種類認定を受けなければならないし、まだポテンシャルの100%までにはなってないから。でも、僕とダニ(ペドロサ)とカル(クラッチロー)で、それぞれ3通りの方向で作業を進め、開発し、できるだけ色々なことを突き止めようと頑張ってます。」

【この暑さのなか、マシンの挙動はどうだった?】
「挙動やタイヤ消耗について把握しようと、かなり走り込んでみました。馬力出力はまだけっこう荒いし、アグレッシブですね。試してみた結果、出来るだけスムーズになるよう作業していくつもりです。もっとソフトに、徐々に馬力が出て行くような感じにね。
どのエンジンにするかは、僕やダニ、カルの印象をまとめた結果、最終決定が下されるでしょう。僕ら3人、それぞれの方向性で作業をしてるんで、それを1つにしていきますよ。」

ロレンソ選手がドゥカティ機で記録を塗り替えていたが…】
「ホルヘ(ロレンソ)もドゥカティ機も、セパンで強いことは周知の事実だから。ここで速いライダーって多いんですよ。実際、毎年セパンに来る度に『いやぁ〜速いのが大勢いるなぁ』って言ってるんだから。
正直に言うなら、重要なのはカタール開幕戦やその後のレースに向け、然るべきベースを整えていくことだから。とにかく、いちばん重要なのはレースペースの方なんで。」

(2018年01月30日『Gpone』記事参照)


モルビデッリ選手が2017年ライバルだったルーティ&アレックス・マルケス選手について語っている話は、無料閲覧『note』!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

One Response to マルケス『ロレンソ記録?重要なのはレースペースだけ』2018セパンテスト

  1. vtr1000f 2018年1月31日 at 2:22 AM #

    なかなかコメントが大人びてきましたな。

    今年も盛り上げておくれ

    ダニもカルも!

コメントを残す

 

Top