SBK SuperBike

バウティスタお金の話、トレーニング、タイヤ秘訣…etc

『バウティスタお金の話、トレーニング、タイヤ秘訣…etc』

★スーパーバイク世界選手権(SBK)でアルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ、34才、56kg)がこれまでの全12戦で11連勝し(1戦中止)、断トツ総合首位に就いている。

★バウティスタ選手は2006年に125ccクラスでタイトルを獲得し(アプリリア)、2008年250ccクラスで総合2位だった(アプリリア)。
2010年にモトGP昇格したが、然るべき強さのマシンに乗ったことはなく、唯一、2018年フィリップアイランド戦でホルヘ・ロレンソ代役としてドゥカティ・ファクトリー機に乗った際、首位を10周回走行し、最終的に4位を獲得した。

★現在、バウティスタ選手はレース優勝する度に3万ユーロ(約378万円)の報奨金を受け取っており、それだけでもダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ・モトGPファクトリー)の1年間の契約金額に迫っている。

★バウティスタ選手は体調管理に細心の注意を払っており、毎晩8時30分に就寝、毎朝5時30分に起床し、ジムでのトレーニングを日課としている。レースウィークエンドでも同様で、年間360日のトレーニングを行っている。

★栄養管理にも気を配り、SBK開幕に向けてフィリップアイランド入りした際は、ドゥカティ・ホスピタリティのシェフらにレースウィークエンド中に摂取する食品の細かなリストを渡していた。各メニューは朝昼晩および初日〜最終日まで全て決められている。

★SBKで使用されているピレッリタイヤはモトGPのミシュランとはかなり異なるが、バウティスタ選手には特に大きな問題にはなっていない。
秘訣は他の選手よりかなり高めのタイヤ圧にすることで、これによりカーカスがかなり安定し、よりグリップを得ることができる。

★バウティスタ選手が使用しているドゥカティSBK機は、エンジンが2015年にモトGPで使用されたV4である。
電制システム(マニェティ・マレッリ)はモトGPより洗練されている。これはコントロールユニットやソフトウェア、慣性プラットフォームがワンメイクではないからである。

★なお、チームメイトのチャズ・ディヴィスは2気筒のドゥカティSBK機では常に総合2〜3位だったが、今年は新エンジンに苦戦して2回しか表彰台に上がっていない。

★バウティスタ選手のチーフメカニックのジュリオ・ナーヴァはモトGPで長らく経験を積んだベテランである。(ホンダHRC4年、アプリリアではバウティスタ選手を担当)

★バウティスタ選手は他のSBKライダーとは作業手順が異なり、FPでは常に同じスタンダードセッティング(サーキットやコンディションにより多少異なる)から始め、基本的にほどんど手を加えない。

(参照サイト google 翻訳:『La Gazzetta dello Sport』)


ロッシ選手が今年、ずっと抱えていかなければならないタイヤ問題については有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ヒロユキィ より:

    知識薄で恥ですがSBKのレギュレーションは市販車ベースのモディファイマシンかと思っとりました。DucatiのSBKチームは2015のモトgpマシンエンジンを使用しているんですね。アゥルヴァロはこのままの勢いタイトルを取って欲しいです。

  2. madmax より:

    ペトルッチ…。

  3. whiteday より:

    え?そうなんですか!?

    カワサキはモトGPに出ない分、相当なスペシャルEgだと聞いたことはあります。

  4. Daytona500 より:

    ペトルッチ の3万ユーロって本当?

  5. LUL より:

    3万×11レース分でしょ

  6. ピッコロッシ より:

    MotoGPのエンジンをそのまま使っているのではなく、2015のMotoGPマシンのエンジンをベースに市販車のV4Rのエンジンが作られている。という事ではないでしょうか

  7. ジージ より:

    ほとんどベースセッティングで微調整する程度?それで決勝も走るって事ですか?
    だとするとパニV4の素性が凄いのか、バティとの相性バッチリなのか、バティのキャパが凄いのか?凄すぎる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP