MotoGP

2019 ミザノテスト最終日【モトGP:リザルト&トピックス】

『2019 ミザノテスト モトGP 最終日トピックス』

★8月29日〜30日、ミザノサーキットでモトGP公式テストが行われた。

★ミザノGP(9/13〜15)や来シーズンに向けての作業が行われた。

★同テストは一般観覧も可能で、1日券は20ユーロ、2日間通し券は28ユーロ。なお、ミザノGPチケット購入者は1日券8ユーロ、通し券10ユーロ。
両日とも開場は9時30分〜13時と14時〜18時。

★30日(金)は、テスト2日目で最終日。

★ミシュランが実験用のスーパーソフトタイヤを投入。使えるのは本日のみ。

★首位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT、ルーキー)。初日に引き続き首位。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは3位(VR46ライダーズアカデミー)。

★2位ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)。ドゥカティ勢トップ。
チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは17位。体調の検証が目的で、タイムは重視していない。
テストライダーのミケーレ・ピッロは15位。フィンランドでも試していた新カウルをテスト。

★4位ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)。第10コーナーで転倒、ケガなし。転倒直後、自己ベストを記録。初日は2020年版マシンを「悪くない」と評し、その後、ミザノGP向け作業に集中し、試したマテリアルは「すべて良かった」と満足していた。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは6位。トップライダー陣の中ではトラック一番乗り。初日はフィリーングがイマイチで、ブレーキングで苦戦していた。

★5位ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック、GP19機)。ミシュランの新フロントタイヤで好調。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは7位(GP18機、ルーキー、VR46ライダーズアカデミー)。

★8位タカアキ・ナカガミ(ホンダLCR)。ホンダ勢では唯一2018年版マシンを使用。
チームメイトのカル・クラッチローは20位。昨日の転倒で片腕と首が少し痛い。ラボラトリー機を含め、ボックスには3台用意されていた。17時前、「多くを試したが満足はしていない」と。また、2020年版マシンについては「何も言えない」と。

★9位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。
チームメイトのアンドレア・イアンノーネは14位。

★10位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、総合首位)。
チームメイトのホルヘ・ロレンソは出走せず。
テストライダーのステファン・ブラドルは21位(最下位)。

★11位ジョアン・ミール(スズキファクトリー)。ブルノテストで負傷して以来、久しぶりに復帰。フレーム2種の比較をしつつ、長距離走行をこなす。「思っていたより良い手応え」と。
チームメイトのアレックス・リンスは13位。

★12位ティト・ラバト(ドゥカティアヴィンティア)。
チームメイトのカレル・アブラハムは出走せず。

★16位ダニ・ペドロサ(KTMファクトリー、テストライダー)。ヨハン・ザルコ代役。
チームメイトのポル・エスパルガロは18位。15時前に予定していた作業を完了し、2020年版マシンに満足しつつ「ペドロサが良い仕事をしてくれた」と。ミザノGP用にフレーム等を試していた。

★19位ハフィス・シャーリン(KTMテック3)。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは出走せず。

『2019 ミザノ モトGP 公式テスト 最終日リザルト』



『2019 ミザノ モトGP 公式テスト 2日間総合リザルト』




(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ヴィニャーレス選手が「クアルタラローの方が上位でも気にしない」って話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ヤマ派 より:

    ザルコが乗ってないのは来年用の機材だったからですかね?
    当然とは言え少し寂しいですね。

    ファビオはそろそろ予選番長テストのヒーローから脱却して欲しい所。

  2. zep より:

    中上君はどうゆうマシン乗ったのかな?

    マシン開発の手が足りてないように感じるので、最新型テストできるといいね。

  3. エル より:

    バレ、もうこうなったら、モテギに照準合わせてくれ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP