SBK SuperBike

サイクス『レイが馬鹿な操縦をしていた…』SBK フィリップアイランド

『サイクス:レイが馬鹿な操縦をしていた…』

★2月29日(土)、SBKフィリップアイランド開幕戦のレース1でトム・サイクス(BMW)が9位だった。

★サイクス選手は第1ラップで先行していたジョナサン・レイのマシンに接触した。

★サイクス選手のコメント。

【レイ選手が『以前、ブルノ戦でもサイクスにぶつけられた』と言っていたが…】
「ジョニーがこっちを批判する気なら、どうぞ、すれば良いんじゃないんですか。それぞれ、考え方も違うわけだから。こっちのデータを見る限り、あそこではジョニーのせいで失速させられたようなんでね。
接触自体はレースで良くある類のものだろうし、その辺は確かですよ。だいたい、SBKで他のライダーにぶつかろうとか、そう言う操縦で有利になろうなんて奴はいないから。
残念ではあるけれど、今言ったように、ただのレースで良くある事故に過ぎませんよ。」

【具体的にどんな感じだったの?】
「第2コーナーでジョニーが僕とトプラクをコースから押し出し、その次のコーナーでも同じことをしてきたんです。その後、『Lukey Heights』コーナーで接近した時、ジョニーがやけに遅くって、こっちはどうにも出来なかったんですよ。
馬鹿げた話で…ほとんど前を塞がれたような状態で、もう、どうにもならなくってね。結局、接触してしまい、その後はああなってしまったと言うわけです。
ジョニーが(タイヤの)左側を温存しようとしてたのは分かるけど、とにかく、あれはやり過ぎだから。残念だけど、いつまでもクヨクヨしてられないんでね。」

【サイクス選手はレーズ前半は活躍していたが、後半は集団の中に埋もれてしまい…】
「残念ながら、タイヤで苦戦してしまいました。レース後半、タイヤの消耗が酷くって大変だったんですよ。
まぁ、とにかく、良いレースは出来ましたけどね。特にPPスタートだったし。まぁ、レース後半では苦戦してしまい、なんとか乗り切ろうと頑張ったんですけどね。」

【明日のレース2に向けては?】
「こう言う状況なんで、それほど手を加えてもいけないし。レース2に向けて、特にこれと言って新しいものもないだろうしね。
もしかしたら、スーパーポールレースでもっとプッシュしていけて、違う展開になるかも…。全10周レースですからね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ダニ・ペドロサにKTMがまたワイルドカード参戦のオファーをしたって話は無料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. すぱおー より:

    レーシングアクシデントだけど、どちらかと言うとサイクスが危ないことしたと思うけどなぁ…

  2. 通りすがり より:

    サイクスってチームメイトと上手く行かない事も多かったり、速いけど人間性に少し難がありそうな感じ。

    WSBKってGPより混戦で絡んで転倒は多いからあんまり後で蒸し返す発言する事は少ないんだけど今回のレイとサイクスは珍しいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP