MotoGP

プラマック『ミラーはTVゲームに重きを置いてない』グイドッティ

『グイドッティ:ミラーはTVゲームに重きを置いてない』

★ドゥカティプラマックのチームマネージャー、フランチェスコ・グイドッティ氏が、最近、次のように話した。

【先日のTVゲーム対決ではバニャイア選手が2位を獲得していたが…】
「私はTVゲーム愛好者ってわけじゃないんだが、それでも、この間のは実戦並みに興奮しましたよ。この閉鎖生活の中、ああ言うのは本当に良いもんですね(笑)。」

【バニャイア選手にボーナスは出るの?次戦はミラー選手も参戦する?】
「もちろん、ありますよ…ヴァーチャル・ボーナスですけどね(笑)。
あと、ジャック(ミラー)の参戦はないと思いますよ。この手のことには、あまり重きを置いていないようなんでね。まぁ、もしかしたら、なんとかその気にさせられるかもしれませんけどね。」

【ちなみにミラー選手は、ファクトリー昇格に向けてどんな感じ?】
「2018年にジャックと言い合いになったことがあるんですよ…特にミザノとヴァレンシアでね。ファクトリー昇格を狙うには程遠いって状態だったものだから。
まぁ、そのせいもあって、2019年は最初から万全に整えてきたんでしょうね。実家の方に何週間か戻ってたのも良かったのでしょう…シーズン中、ポジティブな効果があったから。
とにかく、今は然るべき方向に進んでいると思いますよ。」

【ミラー選手と言えば、モト3からモトGPへ飛び級昇格した経験があるが…】
「この手のことが出来るライダーはわずかだろうし、ジャックはそのうちの1人と言うわけでね。
操縦レベルに関しては、早々に高い能力を見せていましたしね。あの当時のホンダ・プライベート機は、最高とは言えない代物だったのにね。
ホンダがそれなりの金額で提示した3年契約を断って、うちに来るって言うケースを今後もどんどん増やしていきたいもんですよ。」

[ 後半に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


なぜロッシはドゥカティで上手くいかなかったのか?って話は無料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP