MotoGP

スズキ、テールカウルに小型ウィング試用:2022日本GP

『スズキ、テールカウルに小型ウィング試用』

★9月23日(金)、日本GPのFP1セッションでアレックス・リンス(スズキファクトリー)が13位だった。

★スズキは今シーズン末にモトGP撤退が決まっているが、いまなおマシン開発を続けており、今回はアレックス・リンスのマシンのテールカウルに小型ウィングが搭載されていた。
ドゥカティがブリティッシュGPより取り入れているものに似ているが、ウィングの数や形状が異る。

★マシン後部のこうした小型ウィングは大きな負荷を発生させ、極端なブレーキング地点での車輪の浮き上がりを抑制できる可能性などがあるだろう。
例えば、茂木トラックの場合、長い直線コースの後の第11コーナーでは、5.3秒間で時速311kmから時速81kmまで減速させるのだ。

★今シーズンはテールカウルの小型ウィングを取り入れるメーカーが多く、まずはアプリリアが試用しただけに終わり、最近、取り入れたドゥカティは実用している。

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Corse di moto』)

モトGP代役ライダー問題については、note『2022 サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥990
(2022/12/03 04:04:26時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    次はHONDA、YAMAHAか…?

  2. すぱおー より:

    ますますゲテモノになっていく…まあ仕方ないのか

  3. TAKUMI より:

    最後の最後まで開発をやめない、その姿勢…やはり撤退は惜しいよ、惜しすぎる。

  4. タディの星に願いを より:

    あえて突っ込むとすると色を塗り忘れてる 塗装しなければ数グラムは稼げるけど

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP