MotoGP

ホルヘ・ロレンソ『マルケスが登場するまで、僕らは保守的だった…』

motocuatro-lorenzo.jpg

★ホルヘ・ロレンソが2013年シーズンを振り返ってコメント。
「【総合2位は辛い?】(2位で)辛い人と言うのはそう多くないだろうけど、僕は辛いですね。僕は自分のことを世界一ラッキーな人間だと思っていて、毎朝目覚める度に感謝してるほどなんですが。これはスポーツである以上に、勝負なんですよ。勝負となれば勝敗がある。今、自分が手にしている物を獲得したいと夢見た事はないし、こんなに勝ち星を挙げたいとか、自分のライディングについてこれほど称賛されたいとか思った事はないんです。僕は史上に残るような最優秀ルーキーに…マルク・マルケスに負けた…素晴らしいシーズンをこなした選手にね。マルクは全くもって勝者に相応しいですよ。比類なき才能の持ち主、天才ケーシー・ストーナーが辞めたら、マルクが登場したんです…似たような才能を持ったね。

【だからこそ、レース・ディレクションでまで追求した?】いや、ちょっと待って下さいよ…レース・ディレクションで追求なんてしてないですよ…そう言う話じゃない。僕はレース・ディレクションのメンバーや審判らに強く言ったんです…このスポーツには無視できない規則があると思ったし、今でもそう思ってます。違反したなら…今年のマルクは違反したと僕は思ってるんですが…サッカーのようにイエローカードなりレッドカードを出す人間が居なければならないでしょう。2005年に僕を1レース出場停止処分にしたようにね。あれは当然の処分だったし、今年のマルクに対してはそう言う処分が然るべきだと僕は思います。(あの処分のおかげで)僕は学習しましたから。あれ以来、レースの見方や走り方が完全に変わりました。やっぱりあれは、然るべき処罰でしたよ。

【マルケス登場により、ロレンソ選手ら全ライダーがやる気になってきたと言う意見もあるが…】マルクの登場前、僕らは保守的だったでしょうね…時速340kmで、重量180kg/250馬力のマシンを走らせる事を保守的だと呼ぶのならばね。モトGPのステータスがかなり確率していたって感じかな。ケーシー・ストーナーとダニ・ペドロサ、そして僕の3人でほとんどのレースを制覇していて、優勝を狙うあまり危険を犯して全てを無駄にするぐらいなら2〜3位でゴールする方が良いと思った事も良くありました。

【しかし、(今年の)競合いは本当に凄かった…】マルクは絶対に満足しないんです…そう言う意味では、マルク登場でモトGPグリッドは大きく変わったでしょうね。特にダニ(ペドロサ)と僕はライダーとして成長できましたよ。もちろん、彼もでしょうけどね。2012年に僕らは2%抑えていたけど、今は優勝を勝ち取るのにそれが必要なんです。このマルクの常軌を逸した野心は、2008年にモトGP昇格した時の僕も抱いていたし、2000年にはヴァレンティーノ(ロッシ)が見せつけていたのを思い出しますよ。

【マルケス選手は色々な面で昔のロレンソ選手に似ているのでは?】僕にだけじゃないでしょ。マルクの大胆さや度胸は、迷いのなさ、何が何でも勝つ気満々なところは、2000年にモトGP昇格したヴァレンティーノ・ロッシを彷彿させますよ。500cc時代や、2008年に僕が昇格した時とか。もの凄く野心的で、戦っているチャンピオンライダーらの事もあまり配慮せず。ヴァレはロバーツ・ジュニアの事もビアッジやカピロッシの事も決して恐れなかった。僕はストーナーやペドロサ、ヘイデンの事を決して恐れなかったし、僕やペドロサやロッシにマルクが恐れる事はなかった。恐怖も劣等感もなく、もの凄い迷いのなさで昇格してきたなら、すぐに速くも走れるのでしょ。マルクに足りないのは経験だけで、つまり、来シーズンはさらに強くなると言うことでしょう。(マルクは)ツイてましたよね…転倒が多かったが、重傷を負わなかったし。」
(Source:2013年12月22日 Motocuatro.com記事より抜粋)


んで、こちらがまだ保守的じゃなかった頃のロレンソ選手ですな。





[amazonjs asin=”4569779646″ locale=”JP” title=”一番じゃなきゃダメですか?”]
[amazonjs asin=”B00GRQLJZ6″ locale=”JP” title=”2013MotoGP™MotoGP™クラス年間総集編 DVD”]

一番じゃなきゃダメです!クリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. りゅー より:

    いやいやなかなかどうして(^_^;)

    蒼い炎が今年もメラメラ★

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP