MotoGP

マフラー事件、怒ロッシ『総合で僕が上でもファーストライダーはロレンソ…』2014アッセンGP


6月26日(木)のFP2を7位で終えたヴァレンティーノ・ロッシ選手。
イタリア衛星放送『SKY』のインタビューでは、いつも通りの笑顔なんですが…
解説席にモト3クラスで大活躍だったエネア・バスティアニーニが入っている事を知ると、
「そっちは良いよなぁ〜楽で。ここが良いとか、あそこが悪いとか好きな事を言ってれば良いんだから…」と、
いつになく、ちょっと刺々しい感じがあるような…ないような…
FPの出来具合については、「セッティングの方向性が分かったからポジティブ」とか、
「セッション開始早々からペースは悪くなかった」とか、「最終的にはユーズドタイヤで良いラップが周れた」等々…
相変わらず、なかなかポジティブなんですな。
と・こ・ろ・が…
レポーターさんが「マフラーがどうとか…」と言った途端…
顔は笑いながらも、目はマジなロッシさん…
こんな風にコメントし出しました。

[下記写真はsky.itサイトより抜粋]
sky-rossi.jpg


「どっちが新しいマフラーで、どっちが古いマフラーを使うか…決めるのは僕じゃないんで。マフラーが3組あったんですが、そのうち2組をホルヘ(ロレンソ)が使ってしまって…正直、どうしてそうなったのか理解できませんね。あっ、もしかして…総合順位でホルヘが上だから?…いやいや、僕でしょ、上なのは。あぁ、つまり、あまり意味ないってことか。それで僕は(新マフラーは)使わないことにして、スタンダードマフラーのままで走ってたんです。マシンが2台あって、あまりに違いすぎるんじゃ作業にならないでしょ。」
2014年06月26日Omnicorse.it記事参照)


え〜とですね、状況をざっくり説明しますと…
6月16〜18日にヤマハファクトリーチームがバルセロナ/アラゴンサーキットでテストをした際に、ホルヘ・ロレンソ選手が新しいマフラーをえらく気に入ったんですよ。
そしてロッシ選手も、まぁ、気に入ったんですね。
しかしながら、そのテストから僅か一週間後の今回のレースには、同じものを3組しか用意できなかった。
そうなんですよねぇ…いつだって2人兄弟には、お菓子3個あげちゃいけないんですよ…
今回も、はい、1人に1組ずつね、残った1組は2人のための予備ですよって事だったらしんですが…
ロッシ選手が、ふと気づくと…ロレンソ選手が2組使ってたんですなぁ。
この辺について、マイオ・メレガッリさん(ヤマハ・チームディレクター)がこんな風に説明しております。



★マイオ・メレガッリ(ヤマハ・チームディレクター)コメント。
「(6月16日の)バルセロナテストの時から、ホルヘ(ロレンソ)がすぐに新マフラーの事を気に入ったんですよ。一方、ヴァレンティーノ(ロッシ)はもう少し迷っていてね。そのせいで(ヤマハの)日本人スタッフらはホルヘに2組、ヴァレンティーノに1組渡すことにしたんじゃないのかなぁ。あいにく、4組作る時間がなかったんで…でも、ザクセンリンク戦では各選手とも2組ずつ使えるはずですから。」
2014年06月26日Moto.it記事参照)


う〜〜〜ん…ロッシ選手、顔は笑ってたけど、いつになくけっこう怒ってましたからねぇ。
イタリア大手サイト『Gpone』の方に、もう少し詳しいロッシ選手のコメントと…
ロレンソ選手の返答コメントも出てましたんで、そちらも見てみますか。

『ロッシ:ヤマハにとってファーストライダーはロレンソ』

gpone-rossi-assen.jpg


★アッセン戦FP2を7位で終えたヴァレンティーノ・ロッシのコメント。
「(新マフラーを)ホルヘが気に入ってた事は知ってましたよ…すぐに、そう言ってましたから。でも、3組目を持って行ってしまうなんてねぇ…あれは2人のための予備って事だったのに…それがホルへのマシンに付いてるんだから…よく理由が分からないんですよ。」

★ホルヘ・ロレンソが上記ロッシ選手のコメントに回答。
「埋め合わせみたいなもんですよ。新シャーシが出きて来た時、まずヴァレンティーノが2つ貰ってたじゃないですか。」

★ロッシ選手が上記ロレンソ選手のコメントに回答。
「それが正当な理由になるとは思えないが。新シャーシは僕が2つ貰ったが、あれはホルヘがいらないって言ったからだし…とにかく2レース待たされたんだから。今回は公平な扱いじゃないですよ。
今回のことで分かったんですが、ファーストライダーは今でも明らかにホルヘだって事ですね…総合順位では僕の方が上なのにね。良いですよ…幸い、それほど大きな違いが出るような物じゃなかったし。」

【取りあえず新マフラーは使わない?】
「レースに向けて、あまりに違うマシン2台で作業は進められないから。そのマフラーならアクセルの反応は良くなるが…多分、他の動きや細部が悪くなるかもしれない。同じベースで作業するため、スタンダードマフラーを使いますよ。」
2014年06月26日Gpone記事参照)


え〜〜なんでも、この新マフラーって…
エンジンの低回転/中回転速度の時にパワーを増大させるために作られたものだそうで、ロッシ選手によれば、
「低回転の時は良くなるが、高回転ではロスしてしまう…ただ、45分間のFPで新旧マフラーの違いを把握するのは難しい。」と。
あの…ここまで読んでピンときた読者さんもいるかと思いますが…
ほら、ロレンソ選手とヤマハの契約更改がまだ決まってないじゃないですか。
だから、交渉が少しでもスムーズに行くよう、こう言う事で気を惹こうとしてるのかなぁって噂が出てるようなんですが…
あっ、でも、もちろん全面的に否定されとります。



[amazonjs asin=”B00KP5CS6O” locale=”JP” title=”MONSTER ENERGY(モンスターエナジー)V.ロッシ #46 キャップ 帽子 [並行輸入品] “MOTO.GP”モデル リストバンド 付き”]

壁ができませんようにクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. bb より:

    来ましたね。
    昔のようなピリピリとした空気が。

    レプソルの方にもそんな空気が蔓延しないかなぁ
    いや、仲良しが嫌いって訳じゃないんですがね・・

  2. りゅー より:

    プロですからね。
    お互い自分の主張はきっちりするでしょうよ。
    その結果多少の軋轢は起こってもしょうがないでしょ。

    そのことで話題をファーストRがどうのこうのまで持っていくのがまぁヴァレらしい。
    契約更改のためのホルヘの戦術とか言われているらしいけど、それよりもキングヴァレ様の政治的発言に聞こえるなぁ。

    いずれにしてもヤマハのパドックらしくなってきたんじゃない?
    ホルヘとヴァレにのどかな雰囲気なんて似合わないもん。

  3. motobeatle より:

    一刻でもロレンソのスランプを早く抜け出させたい、ヤマハの考えがあるんじゃないですかね。
    ロッシは今季それなりに好調です。それなりに良いところにつけています。
    でもロレンソが復活しなきゃヤマハはホンダに勝てない。マルケスに勝てない。
    ムジェロのレースがそれを証明している。

    ロッシの気持ちは分かりますけどね。
    「ヤマハのファーストライダーはホルヘ」
    それに間違いはないでしょう。

  4. ガタガタR1 より:

    ロッシ応援してますが、やはり○ケス倒せそうなのはロレンソ、って言うのには禿同意!

  5. 'v' より:

    未来はロレンソの方がある?けど、色々なセールスへの貢献と人気は断トツロッシ?かなあ。調子もいいし、今までの貢献もあるし、難しいところでしょうね。がんばれ〜
    でも内心ロレンソが復調して来たのは不安なんでしょうね。

  6. より:

    最高速は、ヤマハの課題で、ホンダに対して今一歩の、加速を改良してくれとは以前からの要求。

    しかし、ロッシは好調、ロレンソ不調。

    訴えていた一つが、エンジンのパワーデリバリーで、マフラーはその対策。今この時期に、は、やはり、初めから、ロレンソ向けでは。

    俺にも、もっと構ってくれ、と言う年齢じゃ無いから、当然政治的発言。

    戦う男。とりあえず、言っとかないとね。 でも、やっぱりマルケスは別格なんだなぁ。マルケスとバチバチして欲しいが。

  7. oiya より:

    いろいろあったからロッシは嫌がるだろうけど、ホンダに戻ってマルケスと同じ条件での勝負を見てみたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP