Moto3 category

イアンノーネしょんぼり『ペドロサに許して欲しい』2014フィリップアイランドGP


『イアンノーネ気落ち:ペドロサに許して欲しい』

motograndprix-iannone.jpg


★フィリップアイランド決勝戦の第6ラップで、アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ・プラマック)がハードブレーキングで膨らみ、ダニ・ペドロサ(ホンダ)に接触してしまった。
イアンノーネ選手は転倒リタイヤとなり、ペドロサ選手はしばらく走行を続けたものの、その後、ボックスへ帰還。接触の際に、イアンノーネ選手のフロントディスクによりリアタイアが切断され、結局、リタイヤとなった。

★イアンノーネ選手はレース序盤、カル・クラッチロー(ドゥカティ)とも接触している。

★イアンノーネ選手のコメント。
「スタートはけっこう良かったんですが、第1コーナーでクラッチローに接触され膨らみ、かなり順位を落としてしまいました。第1ラップは本当に難しかった…ブラドルを抜くのは本当に苦労しました。残念ながら、追い上げなければならないって事は、リスクも大きくなるんですよね。転倒は…確実に、ハードブレーキが強すぎたからだと思います…でも、ダウンシフトが入らなくて…ペドロサにぶつかって、コースアウトしてしまったんです。残念です…もっと良い結果にできてただろうに。ペドロサにも申し訳ないです…レースを続けられなかったんですから。許してくれるといいんですが。」

【予選では調子が良いのに、レースではまた結果を出せず…】
「気落ちしてます…今回の事は残念で。本当に多くの結果を出せてただろうに…来年は状況が好転してくれると良いんですが。今回のミスから学ばなければ…残念ながら、こう言う結果になってしまったんですから。」
2014年10月19日Motograndprix記事参照)


え〜と…
一応ですね、モトGP界のご意見番ことカルロ・ペルナットさんが、ペドロサ選手の事をちょっと責めつつ、イアンノーネ選手の弁護をしております。
まぁ…ペルナットさん…イアンノーネ選手の個人マネージャーなんで、けっこう主観も入ってるかもしれませんが…

pernat-gpone-pi.jpg

★カルロ・ペルナット氏のコメント。
「ペドロサが愚痴りたくなる気持ちは分かる…衝突されたんだからね。ただ、どうも彼はいつも居るべきじゃない所に居合わせるような気がするんだが。今回も7〜8位を走っていたわけで…ペドロサが居るようなポジションじゃないでしょう。シャキッとした方が良いんじゃないのかねぇ。」
2014年10月20日Gpone記事参照)



[amazonjs asin=”4806148792″ locale=”JP” title=”仕事・人間関係 どうしても許せない人がいるときに読む本”]

でも、安全第一クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. 茂三 より:

    非の無い被害者を責めるって…人としてどうなんでしょう? 
    ペドロサに怪我が無かったのは不幸中の幸いですが、この運の無さは何なんですかねぇ。

  2. yp より:

    コメントに個人的な事情が入りすぎでしょ

    完全に的外れ

    こんな人が御意見番なんかやってるのか・・・

  3. bb より:

    御意見番て名の付く人って、だいたいイイカゲンな事ばっか言うよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP