MotoGP

ペドロサ元チーフメカニック、KTMモトGPプロジェクトに参加

いずれ、モトGP機を市販してみたいと言っていたKTM
いよいよ動き出しましたぞ!!


『レイトナー&KTMでモトGP:秋に第1回テスト』

ktm-gpone.jpg


★『SpeedWeek.com』サイトが、マイク・レイトナーがKTMのモトGP機開発を担当することを報じた。レイトナー氏はダニ・ペドロサのチーフメカニックを9年間務め、昨年末に辞職している。
同氏とペドロサ選手は250ccで2度タイトルを獲得してきた。

★KTMは2017年からのモトGPクラス参戦を目指している。マシンはV型4気筒ニューマチックバルブエンジンで、シームレスギアボックス搭載、スティール製フレーム、WPサスペンションが予定されている。

★『SpeedWeek.com』サイトによれば、レイトナー氏とKTMは昨年シーズン終了後にコンタクトを取り始め、12月には契約を交わしたとのこと。

★レイトナー氏のコメント。
「これからの何ヶ月間かは、かなり猛烈なことになるでしょう…ベースを築いていかねばね。目標は9月か10月に第1回テストを行なうことです。本当にかなり厳しいでしょう…ゼロからプロジェクトを始め、その一端を担うと言うのはもの凄い挑戦ですよ。私に可能な分野すべてをサポートしていくつもりです。」

★KTMのステファン・ビエラ代表取締役は既に「エンジンは、5月には実験走行ができるでしょう」と公表しており、また、次のように話している。
「うちの目標は秋にはマシンをコースで走らせることです。2016年にはモトGPクラスにワイルドカード参戦させられるようなテストライダーを獲得するつもりで…今年はアレックス・ホフマンでやっていく予定です。
3年目には上位5位以内の選手と争えるようになりたいですね。開発に2年半使えるんで…それから、うちのレベルがどうなるかですね。」

2015年01月15日Gpone記事参照)


ちなみに、このマイク・レイトナー氏とペドロサ選手の決別については、メルマガ『風聞〜イタたわGP』の方にまとめてありますんで。

【12号 2014年10月23日 発行】
2014フィリップアイランドGP内輪話

ダニ・ペドロサ大殺界:チーフエンジニアから三行半(みくだりはん)



[amazonjs asin=”B00INMF2SM” locale=”JP” title=”Honda(ホンダ) HRC ネオプレーンMOTOグローブ レッド×ブラック Lサイズ 0SYES-M6N-R1L”]

賑やかになってきましたネ!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP