MotoGP

KTMの野望『モトGP機をアマチュアライダーにも売るぞ!!』


あの…最近、モト2機やらスーパーバイク機が売りに出されてる記事を紹介しましたら、えらいアクセスがあったんですが…
今度は正真正銘のモトGP機ですぜ、お客さん。
まだ先の話だし、ちょっとお値段は張りますけどね。


『KTMモトGP機:アマチュアライダーにも』

ktm-omnicorse.jpg


★2017年からのモトGPクラス参戦を目指しているKTM代表取締役ステファン・ピエラ氏が新マシン『RC16』プロジェクトについて、ロードレース世界選手権に参戦させ、なおかつ、愛好家がサーキットでも走らせる事ができるマシンとして販売したい意向を『SpeedWeek』サイトに語った。

★同『RC16』プロジェクトは既に、エンジニアのKurt Trieb氏により進められており、同機はスチール製チューブフレームで、V型4気筒1000ccエンジンはニューマチックバルブ。また、シームレスギアボックスの搭載が予定されている。

★値段は15万〜20万ユーロ(約2190万〜2920万円)。

★ステファン・ピエラ代表取締役のコメント。
「うちのサーキット用マシンを、極力低価格で提供したいんですよ…あくまでも趣味でモトGP機をサーキットで走らせてみたいって人達のためにね。現時点で、何台売れるかについては読みづらいんだが…例えば、モト3については大体80機ぐらい売れたんですよ。だから、モトGPも同じぐらいいけるんじゃないかと思ってるんですけどね。いや、それどころか100機だって可能かもしれない…ファンはどっさり居ますからね。」

【一般道での走行は可能?】
「製品としては…この手のプロジェクトは一般道向けではないと言う事を、責任をもって言っておくべきでしょうね。200馬力以上あるわけで…一般道では上手くいかないでしょう。プライベートでサーキットを走らせるようなマシンを作りたいんですよ。」
2014年12月08日Omnicorse.it記事参照)


KTMと言えば…
最近、アプリリアのテストライダーさんがKTMに移って、このモトGP機の開発を手掛ける事になってましたなぁ…



[amazonjs asin=”B00NC6N9X4″ locale=”JP” title=”KTM NOW (ケーティーエムナウ) vol.2 2014年 11月号 雑誌”]

え〜と…これも1台、いかが……クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. トト より:

    おお、メーカー側がこういう気概を持っていてくれているのは嬉しいことですねぇ。
    でも当然ながら高額ですな。
    これからも600SSでサーキットを楽しむことにします。
    ずっとずっとよろしくな!6R!

  2. shulashushushu より:

    これ超お買い得?
    維持費やサポートの問題、草レースに適応できないとか不自由かもしれないけど夢はありますね

  3. bb より:

    この値段でニューマチックバルブが付いているんだろうか?
    だとしたら激安なんだろうな。

    どうあがいても買えないけど・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP