Moto Racing | Japan

鈴鹿8耐、くまモン、ブルノGP他:2015ル・マンGPこぼれ話

『2015ル・マンGPこぼれ話』

kumamon-gpone.jpg


★ル・マンGPではホンダに幸運を呼ぶ新マスコットが登場した(上記写真、※くまモンを指す)。しかし、最終的なリザルトを見るかぎり、他のマスコットに変えたほうが良いだろう。

★今年の鈴鹿8耐レースにジャック・ミラー(ホンダLCR)が参戦する可能性が出てきた。ミラー選手は参戦の意向を示しているが、ホンダHRCの方がいまだ同選手の参戦およびチームメイトについて検討を続けている。
ヤマハからはポル・エスパルガロ&ブラッドリー・スミス(ヤマハ・テック3)が新ヤマハR1M機を駆って参戦すると見られている。

★今年の鈴鹿8耐レースにトニ・エリアス(32才、2010年モト2総合優勝)が、『TOHO Racingチームより参戦することとなった。チームメイトはタツヤ・ヤマグチ。マシンはホンダCBR 1000RR機をモリワキが準備する。
エリアス選手は今シーズン、本来ならばスーパーバイク世界選手権に参戦するはずだったが、所属していた『JR Racing Team』が開幕前に撤退してしまった。

★2014年と2015年シーズンのタイムを比較すると、ホンダの不調とヤマハの成長ぶりが顕著である。
以下は、両年のシーズン序盤5戦における各選手の獲得ポイントを比較したもの。

ヴァレンティーノ・ロッシ[2014年81ポイント、2015年102ポイント]
ホルヘ・ロレンソ[2014年45ポイント、2015年87ポイント]
アンドレア・ドヴィツィオーゾ[2014年53ポイント、2015年83ポイント]
マルク・マルケス[2014年125ポイント、2015年69ポイント]
アンドレア・イアンノーネ[2014年25ポイント、2015年61ポイント]
カル・クラッチロー[2014年15ポイント、2015年47ポイント]
ブラッドリー・スミス[2014年34ポイント、2015年46ポイント]
ダニ・ペドロサ[2014年83ポイント、2015年10ポイント]

★ル・マン決勝レースでドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾが総合3位、アンドレア・イアンノーネが総合5位となり、コンストラクターズの総合順位でもドゥカティがホンダを抜き、2位となった。なお、現在のポイント獲得数はヤマハ(116)、ドゥカティ(86)、ホンダ(85)、スズキ(38)。

★ル・マンGPのオフィシャルスポンサーである『モンスター』に対抗し、ライバル会社『レッドブル』がル・マンGP限定のスペシャルバージョン(缶にマルク・マルケスの顔写真がプリントされている)を販売していた。

★今回のル・マンGP中、3クラス合わせて計78回の転倒が起きた。なお、17日(日)の決勝レースだけで29回(モト3で16回、モト2で7回、モトGPで6回)。
また、2014年は計51回、2013年は68回、2012年は93回、2011年は47回、2010年は42回だった。

★8月16日に予定されているブルノGPの開催が危ぶまれている。ブルノGPはカレル・アブラハム・シニア氏(※モトGP参戦しているアブラハム選手の父親。ブルノ・サーキットの所有者)により運営されており、1987年からGP開催を続けている。唯一、開催されなかったのは1992年のみ。
3日間の興行で22万人の観客が訪れるにもかかわらず、アブラハム氏は資金難を主張しており、かつても同様の理由でオリンピック委員会および南モラヴィア州より資金援助を受けたことがある。
なお、同GP開催にあたりドルナ(モトGP運営会社)に支払われる費用は、すべて込みで270万〜300万ユーロ(約3億6000万〜4億円)と見られている。
このため、2015年の開催に関する契約はいまだ交わされておらず、Michal Hasek氏(南モラヴィア州代表)は地元政府が直接モトGP開催することを希望しており、もはやアブラハム氏との話し合いも持とうとしていない。Michal Hasek氏は2014年11月にカタールSBK最終戦へ、また今年始めにマドリッドへ赴き、カルメロ・エスペレータ氏(ドルナCEO)に彼らと直接契約を結ぶよう要請したが断られている。
エスペレータ氏はアブラハム氏とHasek氏が合意に達することを希望している。
エスペレータ氏のコメント。
「政府と契約するわけにはいきませんからね。アブラハム氏はサーキットの所有者なのだから、彼抜きでGP開催はできないでしょう。彼らとしては私に仲裁に入ってもらいたいようだが、私としては彼らだけで同問題を解決してもらわないと。こちらの最終期限は6月の第1週としてます…ムジェッロGPの直後ですね。もし解決できない場合は、キャンセルするしかないでしょうね。」
なお、アブラハム氏は2013年より『Central European Motorcycle Championship』の開催を手がけているが、順調には行っていない。
brno-gpone.jpg


(2015年05月18日『Moto.it』記事参照)
(2015年05月15日『Motocuatro.com』記事参照)
(2015年05月18日『Gpone』記事参照)
(2015年05月18日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”B00B3036YS” locale=”JP” title=”くまモン マネしておしゃべりぬいぐるみ (熊本県PRマスコットキャラクター) KK1100347″]

くまモンも頑張って!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. GA より:

    くまモンのせいにするなよ

  2. りゅ より:

    ブルノが開催されないのは淋しいですね。

    まあ考え方を変えればライダー&スタッフにセカンドサマーブレイクってことでいいじゃん!
    ・・・ってことになるならいいだろうけど
    今年のような混戦予想では、1レース減るのが命取りになりかねませんもんね・・・
    なんとか開催されるようにドルナ・モラヴィア・シニアアブラハムさんで正三角形を作って欲しいもんです。

    王子だってつらいよね・・・

    しかし、くまモン。
    『最終的なリザルトを見るかぎり、他のマスコットに変えたほうが良いだろう。』
    爆wwwww

  3. kents より:

    くまモンのモンキーに続いてくまモンのRCVで日本GPを走る気がしてきた。
    マルモンとダニモンのツナギだけは止めて欲しいです。。。

    • りゅ より:

      くまモンキーww
      学生時代青モンキーに乗っていましたが、いやー時代ですねぇ・・・

      マルク・ダニはくまモンツナギ似合いそうなのでゼヒ!ww

  4. スナフキン より:

    油ハムくん家は無限の石油マネーと思ってたんで、少し意外でしたね〜(^_^;)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP