Results SuperBike

2015 SBK ミザノ【FP3リザルト&トピックス】

sbk-2015-misano-fp3-torres.jpg

『2015 SBK ミザノ FP3トピックス』

★6月20日(土)、ミザノ戦FP3が行われた。

★首位はジョルディ・トーレス(アプリリア)の1分34秒984。唯一、1分35秒の壁を破ってみせた。

★6月18日(木)、アプリリア・チーム代表のロマーノ・アルベジアーノ氏は「マックス・ビアッジが参戦するなら、うちの選手らはいつもよりアクセルを開かないと」と言っていた。

★2位はジョナサン・レイ(カワサキ、総合首位、+0.127)。10周のレースシミュレーションも行い、1分36秒のリズムを維持。ここまでの最速リズムである。

★3位はレオン・ハスラム(アプリリア、+0.372)。

★ワイルドカード参戦で、昨日のFPでは常に首位だったマックス・ビアッジは4位(アプリリア、+0.396)。上位10名の中では、唯一、昨日のタイムを削れなかった。タイヤの持久面についての作業に集中していた。ペースは1分36秒前半。ここまででは、コーナー進入時の問題点を嘆いていただけ。

★5位のアレックス・ロウズ(スズキ、+0.449)は相変わらず電制システムの問題に悩んでおり、セッション終了寸前、最後のタイムアタックを途中で辞めてしまうほどだった。明らかに不機嫌。

★骨折したルーカ・スカッサ代役のミケーレ・ピッロは7位(ドゥカティ、+0.455)。第14コーナーでスリップ転倒、ケガはなし。その直後、コース上のオイル漏れによりレッドフラッグが出された。

★8位ダヴィデ・ジュリアーノ(ドゥカティ、+0.502)はFP1でのハイサイド転倒後、足をひきずって歩いている。

★昨年のSBKチャンピオンことシルヴァン・ギュントーリは10位(ホンダ、+0.612)。車台の新パーツを試していた。

★トム・サイクスは11位(カワサキ、+0.751)。予選1行き。ライバル達の大半がセッション終盤で新タイヤを使っているなか、サイクス選手は使用せず。

★レオン・キャミアが第10コーナーでスリップ転倒。

(2015年6月20日『Gpone』記事参照)


『2015 SBK ミザノ FP3リザルト』

[コンバイン]
sbk-2015-misano-combined-results-fp3.jpg


[フリープラクティス3]
sbk-2015-misano-results-fp3.jpg



[amazonjs asin=”B000BX4DX6″ locale=”JP” title=”FASTER DVD”]

老いも若きも頑張れ! クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP