MotoGP

ロッシのミザノTシャツ、バズ4位、クアルタラロー他:ミザノGPこぼれ話

『ミザノGPこぼれ話』



★ヴァレンティーノ・ロッシがホームであるミザノGP開催に向け、特製Tシャツを作成した(下記写真)。背中側には『il Gran premio di casa(ホームレース)』と記されている。黄色とグレーの2色で、サイズはSからXXLまで。価格は35ユーロ(約4750円)。ロッシ選手の公式グッズサイト( www.vr46.it/it_it/apparel/t-shirts.html )より注文可能。
rossi-camiseta-motosprint.jpg


rossi-camiseta-motosprint3.jpg


rossi-camiseta-motosprint2.jpg


★ヴァレンティーノ・ロッシ率いるモト3チーム『Sky-VR-46』が2016年に向け、ロマーノ・フェナーティとアンドレア・ミーニョ(下記写真)の契約更改を発表した。
また、来年より同チームは3選手体制となり、新たにニッコロー・ブレガが加わることとなる。ブレガ選手は、現在、スペイン選手権(CEV、残り5レース)に参戦中で、総合3位につけている。
なお、2017年にはフェナーティ選手によるモト2クラス進出も計画されている。
vr46-gpone.jpg


★9月13日(日)、ミザノ決勝戦でローリス・バズ(ヤマハ・オープン機、チーム・フォワード)がグリッド16位でスタートし、フラッグ・トゥ・フラッグではいち早くマシン交換を行い、4位でゴールした。もちろん、オープンカテゴリーでは優勝である。
バズ選手のコメント。
「もの凄い日でしたね!予告もなしにレインレースになってしまって…マシン交換も1回どころか2回でしょ。コースコンディションは本当に特殊で、ミス無しで走り切るのは難しかったです。僕はタイミングが最高でした…マシン交換のタイミングを的中させましたね。レイン用マシンへの交換が早かった選手のトップ3内には入ってたし、ドライへの再交換はダントツ一番でしたから。とんでもレースだったし、ある時点では一体自分が何位にいるのかも分かりませんでした。でも、ずっと集中し続けましたよ。最終ラップは永遠に終わらないかと思った…ミスをしたくなかったし、できるだけ多くのポイントを獲得したかったんです。これでオープンカテゴリーでは新たに首位に立てたし、ただただチームに感謝するばかりです…今日の仕事振りだけじゃなく、特にここ数ヶ月の間に見せてくれた努力と献身振りにもね。」

★アラゴン次戦からヴァレンシア最終戦までトニ・エリアスが、クラウディオ・コルティの後任としてチーム・フォワードよりモトGP参戦する。
エリアス選手がモトGPクラスに初参戦したのは2005年で『Fortuna Yamaha』チームより。なお、今シーズンもカレル・アブラハム代役としてインディアナポリス戦に参戦し、22位でゴールしている。

★ドゥカティ・プラマックチームのホスピタリティに、今回、ピザ窯が2つ設けられ、4日間で1,000枚以上のピザが焼かれた。
ペトルッチ&エルナンデス両選手(下記写真)がプロのピザ職人相手にピザ作り勝負に挑んだが、スピードで敵わなかった。
pramac-pizza-gpone.jpg


★9月10日(木)、アレックス・デ・アンジェリスが次のように話していた。
「来年に向けての契約は既にサインもしてるけど、プロジェクト内容がまだはっきりしていないんですよ。僕もレーサーなんで、皆と同様、優勝したいですよ…でも、オープン機では無理ですからね。
(SBK移籍の可能性は?)そう言うのも有りですよね…また表彰台に上がりたいもんですよ。そっちの選手権なら、やりたいことができるんじゃないかなぁ。ファクトリーチームからのオファーがあれば、確実に検討するでしょうね。でも、今のところ特に何も来てないんで。とりあえず、今のチーム(イオダ)でやって行きますよ…今後、どうなるかですよね。」

★イオダ・レーシングチームが、2016年にアプリリアRS-GP機を使用する可能性が出てきた。金銭的問題があるため、まだ合意には達していないが、9月15日(火)にアレックス・デ・アンジェリスが同機のテストをする予定だ。
アプリリアでは来年、モトGPクラスに4機を参戦させる意向で(ファクトリー2機、プライベート2機)、プライベートチーム用にはヴァレンシア戦で使用される今季の最終版マシンが提供される模様。
現在、デ・アンジェリス選手は2年前にアレイシ・エスパルガロが使用していたART機に乗っている。

★9月11日(金)、モト3クラスFP1で転倒したホルヘ・ナヴァッロ(エストレージャ・ガリシア所属)が後続のロレンツォ・ダッラ・ポルタに轢かれ意識不明となった。その後、深刻なケガななかったものの医療陣よりレース出場許可が降りず、棄権となった。
ナヴァッロ選手のコメント。
「(脳内出血をし)ちょっと塊になってるんで、もしまた転倒したら少し危険なんです。それで今回は休んで、アラゴン次戦できちんと復帰した方が良いってことになって。」

★9月11日(金)、モト3クラスFP2で転倒し、右くるぶしを骨折したファビオ・クアルタラロー(エストレージャ・ガリシア所属)が、その後、バルセロナの病院でミール医師らにより手術を受け、現在は、ニースでアラゴン次戦に向けリハビリを行っている。今のところ、アラゴン参戦が可能かどうかは不明であり、茂木GPより復帰する可能性もある。

(2015年09月10日『Motosprint』記事参照)
(2015年09月11日『Gpone』記事参照)
(2015年09月15日『Gpone』記事参照)
(2015年09月13日『Gpone』記事参照)
(2015年09月12日『AS』記事参照)
(2015年09月15日『Omnicorse.it』記事参照)
(2015年09月13日『Omnicorse.it』記事参照)
(2015年09月16日『Omnicorse.it』記事参照)
(2015年09月15日『Moto.it』記事参照)

[amazonjs asin=”B015E17OI0″ locale=”JP” title=”モンスターエナジー(MONSTER ENERGY)センターロゴデザインVR46×モンスターエナジー 半袖 Tシャツ (イエロー)(並行輸入品) (L)”]

クアルタラロー選手にお見舞いクリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP