MotoGP

2016 フィリップアイランドGP【モトGP:FP2リザルト&トピックス】

motogp-australian-gp-2016-danilo-petrucci-pramac-racing (1).jpg

『2016 フィリップアイランド モトGP FP2トピックス』

★10月21日(金)、フィリップアイランド戦 モトGPクラスのFP2が行われた。雨。若干天候が回復した際、セッションは大幅に遅れて開始されたが、ラスト30分を残しレッドフラッグで中断。その後、ラスト8分と言う時点で中止となった。

★まともに走れたのは午前FP1の20分間のみ。それ以外では直線コースでフロントタイヤがハイドロプレーニング現象を起こし、タイムは上がらず。

★気温10度(※午前FP1では12度)。

★首位エクトル・バルベラ(1’51″958、ドゥカティファクトリー、イアンノーネ代役)。午前FP1の首位タイムより10秒遅い。

★2位マイク・ジョーンズ(+2.060、ドゥカティ・アヴィンティア、バルベラ代役)。

★3位ティト・ラバト(+3.735、ホンダ・マークVDS)。

★4位ダニーロ・ペトルッチ(+3.764、ドゥカティ・マラマック)。

★5位アレイシ・エスパルガロ(+6.154、スズキファクトリー)。

★6位ヴァレンティーノ・ロッシ(+6.454、ヤマハファクトリー)。午前FP1でフロントにエクストラソフトタイヤを許可されている周回を超えて使用したため(※最高10周までOK)、同タイヤでの記録がすべて無効となり、FP総合20位に降格。
ロッシ選手のコメント。
「あのタイヤで10周以上走ってはいけないとは思っていなかった。(ミシュランからの周回数規定は)単純なアドバイスなのだと思っていた。とにかく、こう言う極端なコンディションでも、タイヤは最高でしたよ。」

★上記以外の選手は出走せず。

(2016年10月21日『Gpone』記事参照)
(2016年10月21日『Moto.it』記事参照)
(2016年10月21日『Motorsport.com』記事参照)


『2016 フィリップアイランド モトGP FP2リザルト』

motogp-fp2-2016ph.jpg


『2016 フィリップアイランド モトGP FP総合リザルト』

motogp-fp2-2016ph-CombinedPracticeTimes.jpg


[amazonjs asin=”B00K9ZSQZ2″ locale=”JP” title=”幸せの黄色いてるぼう てるメット (レッド)”]

引き続き、てるてる坊主クリック Prego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP