MotoGP

ドゥカティ『ドヴィツィオーゾは主役クラスだと実感。勝負に出る』2018カタールテスト

『チャバッティ:ドヴィツィオーゾは主役クラスだと実感。勝負に出る』

ciabatti01 (2).jpg


★昨シーズン、最も大きなサプライズと言えば、アンドレア・ドヴィツィオーゾが6勝をあげ、マルク・マルケスと最後の最後までタイトル争いをしたことだ。

★今年、ドヴィツィオーゾ選手は3ヶ所の冬季テスト(セパン、ブリーラム、カタール)で常にトップグループに名を連ね、昨年見せた実力を再度証明した。
あの冷静なドヴィ選手が「初めてチャンピオン候補としてスタートできる」と言っているほどである。

★パオロ・チャバッティ氏(ドゥカティ・スポーツディレクター)のコメント。

「ドゥカティにとって今回の冬季テストでは、ドヴィツィオーゾの好調ぶりが証明されました。3ヶ所のテストで常に速かったし、予定していた作業もすべて終えてくれてましたしね。カタールテストではミニ・ロングランを2回行い、好ペースを見せてましたよ。
アンドレアはおもに新フレームの作業をしてました…ブリーラムで既に試していたフレームです。
ホルヘ(ロレンソ)の方は最終日は少し苦戦していたようだが、解決の糸口は見つかったようです。ホルヘはまだ乗りやすいセッティングを模索中なんですよ。
ペトルッチは好調なようですね。とにかく、3台のGP18機はすべて好調でしたよ。レースに向けて総仕上げをするのに、まだ何日かありますしね。」

【ドヴィ選手の心理状態はどんな感じ?】
「マシンや技術関係において確信を持つと言うことが、アンドレアにとっては重要なことなんです。すべて上手く行ってるし、レースペースでは最強ライダーの1人でしょう。しかも、昨年は6勝をあげ、総合2位なわけだ。いまや主役クラスのライダーだと実感しているし、そう感じるのは当然のことですしね。ただ、誰もが予想していたわけではないが。
まぁ、そうですね…うちは勝負に出られるんじゃないんですか。」

(2018年03月04日『Gpone』記事参照)


いまやドゥカティ内ではドヴィ選手が優先されている?
ブリーラムテストの復習は、こちらでどうぞ。

【2018ブリーラムテストまとめ1 ホンダ&ドゥカティ】[2018年02月25日 発行 Vol. 176]

●ドゥカティ
・新フレーム、謎のアルミニウム製テープ
・ドヴィツィオーゾ自信、ロレンソ疑念
・ロレンソ、GP17機テストは間違い?
・日本式マネージメントの方が理に適ってる
・ドゥカティはドヴィ優先

Vol.176』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』02月分マガジンは4本で300円(外税)!

『note』01~03月分季刊号は11本で750円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!

[amazonjs asin=”4569828159″ locale=”JP” title=”人生の「主役」はあなたです”]

[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP