ドヴィツィオーゾ『マルケスが会計士モード?鮫モードでしょ!』2018オーストリアGP

Pocket

『ドヴィツィオーゾ:マルケスが会計士モード?鮫モードでしょ』

dovizioso-marquez (1).jpg


★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)が8月11日(土)、オーストリアGP予選で2位だった。

★首位マルク・マルケスとは0.002秒の僅差だった。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

「(PPを逃しても)なんの問題もありません。PP獲得って言うのは、レースより、むしろ、新聞の見出し作りに役立つものだから(笑)。
グリッドの1位も2位も、違いはありませんから。」

【去年のようにドヴィvsマルケス選手の一騎打ちが期待されているが、しかし、マルケス選手はレース優勝よりタイトル争いの方を考えて走るつもりだと…】
「正直な気持ちだと思いますよ。ただ、今はそう思っているだけで、実際、レースになったら、マルクはけっこう我慢できなくなるから。
会計士モードで走るのは、ある時点まででしょうね。マルクは鮫みたいなもので、血の匂いを嗅いでしまったらねぇ。そう言う性分なんですよ(冗)。」

【マルケス選手は甘んじて走れる余裕があるが、ドヴィ選手の方は何が何でも攻めていかないと…】
「モチベーションって言うのは常に異なるもので、僕らが置かれた状況はそれぞれ違いますからね。
マルクはどれだけリスクを負うか自分で決められるけど、僕は優勝目指して走らなければならないから。また、それができるペースも出てますしね。」

【しかし、ドゥカティ無双のトラックで勝利するのは、マルケス選手にとってもかなり魅力的なのでは?】
「本当に、ドゥカティを負かしたくってって感じですよね。ブルノで負けたからではなく、うちがここでいつも勝ってるから。」

【明日はどんなレースになりそう?】
「去年よりも自分が速いことは自覚してます。ただ、今年の方が懸念事項が多いんですよ。例えば、タイヤとかレース戦略とか。しかも、マルクとホンダ機の戦闘力も上がっているじゃないですか。
ただ、どのぐらい上がっているのかは分かりませんけどね。今回はドライセッションが少なかったし、特殊なコンディションだったから。
あと、もう1つ確実なのは、今年のレースではロレンソが最初から最後まで加わってくるってことですね。
細かな点が違いを生み出していくと思うんですよ。僕とマルク、ロレンソがベストペースを刻んでるけど、おそらく、明日はコンディションも変わってくるだろうし、さらに誰が加わってくるのかは分かりません。
上手く合わせていけた者が、違いを出してくるでしょうね。」

(2018年08月11日『Gpone』記事参照)


ブルノ戦の後、ドヴィ選手が言ってたんですが…
最終戦での戦い方って、マルケス選手が相手の時とロレンソ選手が相手の時では違うんですって。
詳しくは、こちらでどうぞ。

【2018ブルノGPまとめ ドゥカティ&ホンダ、ヤマハ】[ 2018年8月10日 発行 Vol. 198

●アンドレア・ドヴィツィオーゾ
・ホンダはブルノテストをしてたが、ドゥカティはしてない
・気持ちが軽くなった?
・スクリーンを観ながら状況を把握
・作戦はアドリブだった
・マルケス&ロレンソ、最終ラップ勝負の違い
・8月はテスト三昧

『note』の『Vol. 198』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』08月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』07~09月分季刊号マガジンは12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top