Results SuperBike

2018 SBK アルゼンチン【レース2 リザルト&トピックス】



『2018 SBK アルゼンチン レース2トピックス』

★10月15日(日)、SBKアルゼンチン戦のレース2が行われた。

★コンディションはドライ。気温24度、路面温度43度。

★優勝 ジョナサン・レイ(カワサキ)。今回のアルゼンチン戦の連続優勝で、5ラウンド連続(10レース連続)優勝となった。
9レース連続優勝のコーリン・エドワーズ、ニール・ホジソンの記録を更新。
チームメイトのトム・サイクスは5位。ファーストローからスタートに失敗し後退したが、最後は5位まで巻き返しに成功。

★2位 シャヴィ・フォレス(ドゥカティ)。ポールポジションから最高のスタート。
フォレス選手は今季5度目の表彰台で、2018年プライベーター タイトルを獲得。

★3位 マルコ・メランドリ(ドゥカティ)。チームメイトのチャズ・デイヴィス(4位)と素晴らしいバトルを展開し連続表彰台を獲得。
デイヴィス選手はチャンピオンシップ3位のファン・デル・マーク選手との差を広げ有利に。

★6位 アレックス・ロウズ(ヤマハ)。
チームメイトのマイケル・ファン・デル・マークは9位。

★7位 トプラク・ラズガットリオグル(カワサキ)。今週末は大きなポイント稼ぎとなった。

★8位 ロレンツォ・サヴァドーリ(アプリリア)
チームメイトのユージン・ラバティはリタイア。3ラップ目2位走行中に転倒。

★10位 ジェイク・ガニュ(ホンダ)。今季3度めのトップ10入り。
チームメイトのレオン・キャミアはレース中盤にピットに帰還しそのままリタイア。

★11位 ロリス・バズ(BMW)。

★12位 レアンドロ・メルカド(カワサキ)。ホームレースで12位。レース1では転倒リタイアした。

(2018年10月15日『worldsbk.com』記事参照)


『2018 アルゼンチン レース2リザルト』




『2018 SBK アルゼンチン チャンピオンシップ スタンディング』




『2018 SBK アルゼンチン マニュファクチャーズ スタンディング』




[amazonjs asin=”B016NPMPJY” locale=”JP” title=”KAWASAKI (カワサキ純正アクセサリー) カワサキボディバック J89110074″]
[threecol_one]いいねクリックPrego[/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP