クラッチロー『ロレンソはまだ最速とは言えない』2019バレンシア/ヘレステスト

Pocket

View this post on Instagram

Now I am back home and recovering well I gave today some update on my injury today … First of all, I would like to say thank you for all the well wishes I have received since the Friday of the Philip Island GP. To all the medical staff at the circuit, my LCR Honda CASTROL Team, HRC and everyone who came to visit me while I was in hospital in Melbourne, especially my wife Lucy who travelled to be with me for the 12 days I had to stay. Also, Jake Harrison and Andy Roche for sorting everything out and, of course, our Team Manager Lucio (Cecchinello) who stayed with me every day until he went to Malaysia. I had excellent surgeons in Matthias Russ and Dr Evans who initially put an external fixator on my leg until the swelling went down and they could operate, which was 6 days later. The crash resulted in a Pilon fracture of my tibia, fibia and talus bone. The surgery was completed in three and half hours and, along with reconstruction with artificial bone, two metal plates and eight screws were inserted. The injury I have can take a recovery time of up to 12 months and, although as a typical motorcycle racer I thought I would be back in time for the Valencia GP, unfortunately this is not the case. I can’t put any weight on my ankle for six weeks, but am continuing to recover and having physiotherapy. This week I will start to try and cycle again and look forward to preparing for Sepang in February 2019. I have had a fantastic season again with the LCR Honda CASTROL Team and HRC and I look forward to making more great memories in 2019-2020. Good luck this weekend in Valencia to my team and to all the people on the MotoGP grid. I look forward to watching the best motorsport championship there is as a fan this weekend …

Cal Crutchlowさん(@calcrutchlow)がシェアした投稿 –

『クラッチロー:ロレンソはまだ最速とは言えない』

★カル・クラッチロー(ホンダLCR)はフィリップアイランドGP中の転倒により骨折し、11月のヴァレンシア/ヘレステストには不参加だった。

★クラッチロー選手が同テストについて、次のように語った。

「2019年版マシンの初乗りが楽しみっすよ。ただ、11月の冬季テストに参加できなかったのが残念でねぇ。
ホンダがマシン開発に向け、どの方向に舵を取るか…そのための情報収集は重要だから。
僕とマルク(マルケス)はマシンを熟知してるが、ホルヘ(ロレンソ)はあまり知らないわけでしょ。ヤマハからドゥカティに乗り換えた辺りの情報はフル活用できるだろうけど、ここ2年間、ホンダで何を使ってきたかは知らないわけだしね。
だから、(今回のテストでは)マルクが開発ライダー役を担ったわけだし、彼が賢いことは、皆、知ってるわけだ。マシンの操縦を心得てるってことは絶対だしね。マシン開発の心得もあるし。
ただ、セカンドオピニオンってのは重要だから…例えば、この僕の意見とかね。」

【ホンダ機に乗り換えたホルヘ・ロレンソ選手については?】
「5回タイトル獲得のチャンピオンライダーっすからねぇ…ホンダ機に慣れていくでしょう。今のところ、1周タイムに関しては良い感じだけど、レースリズムは最速とは言えないっすね。
このマシンをもっと上手く理解していかないと。まぁ、容易い作業ではないでしょうね。
ただ、マシンと上手く息が合えば、確実に上位集団に喰い込んでいけるでしょう。」

★なお、クラッチロー選手は来年2月のセパンテストには参加する予定である。

(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


マルケス&中上貴晶選手のダッシュボードが新しくなった…って話は無料閲覧『note』で!!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , , , , ,

One Response to クラッチロー『ロレンソはまだ最速とは言えない』2019バレンシア/ヘレステスト

  1. 87 garage 2018年12月11日 at 9:27 PM #

    早く戻ってくるのだ!

    楽しみに待ってる。

コメントを残す

 

Top