MotoGP

マルケス、ロッシに驚き『才能があるから』2019オースティンGP



『マルケス、ロッシに驚き:才能があるから』

★4月13日(土)、オースティンGP予選でマルク・マルケス(ホンダファクトリー)が首位だった。

★オースティン戦では7年連続PP獲得している。なお、昨年はペナルティによりグリッド降格処分にあっている。

★マルケス選手のコメント。

【グリッドの隣がロッシ選手だが…】
「FP4の前まで、そうなるだろうとは考えてなかったですねぇ。
冬季テストでは苦戦していたのに、その後は常に浮上してきて…。才能があって、マシンが上手く機能していると、こう言う結果になるんでしょうね。
ヴァレンティーノにはその両方があるから。」

【今日の予選については?】
「今日は変な1日でしたねぇ。FP4の時、すぐにスリックタイヤが履けるって分かったんだけど、チームから止められたんですよ…リスクを負わない方が良いって。
でも、すぐに良い走り心地だったんで、1周目からプッシュしていきました。あいにく、2本目のタイヤの時は、ちょっとミスが多すぎました。
僕のマシンはまだ完璧ではないんで、ウォームアップでちょっとした問題点を解決できたら助けになってくれるでしょうね。
あと、リアタイヤをどうするか…ミディアムとハードで迷ってるんですよ。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


マルケス選手がブーイングに反撃してたのかもって話は無料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP